Apple、CPUのSpectre脆弱性やService Workersの不具合を修正した「Safari Technology Preview 47」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがCPUのSpectre脆弱性への緩和策を講じ、Service Workersの不具合を修正した「Safari Technology Preview 47」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間2018年01月10日、次期Safariへの採用が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版SafariSafari Technology Preview(以下STP)」の47度目のアップデートとなる「STP 47」を新たに公開したと発表しています。

Jan 10, 2018 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 47 is now available for download for macOS Sierra and macOS High Sierra. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 225841-226459.
This release contains the Spectre mitigations released in iOS 11.2.2, the High Sierra 10.13.2 supplemental update, and Safari 11.0.2 reissue released on Monday, January 8. For more information about Spectre, see What Spectre and Meltdown Mean For WebKit.

Release Notes for Safari Technology Preview 47 – WebKit

 STP v47では月曜日にリリースされたSafari v11.0.2と同様に「Spectre(CVE-2017-5753, CVE-2017-5715)」脆弱性への緩和策を講じられている他、現在プロポーザル段階の”Storage Access API“が実験的に利用できるようになり、v46でデフォルトで有効になったService WorkersやMedia, Rendering, Web Inspector, Clipboard APIなどの不具合が修正されています。

Storage Access APIを実験的にサポートしたSafari Technology Preview v47