Adobe、Illustrator CC October 2017 (22.0)でHigh SierraにアップグレードしたMacで発生していたAPFSによる不具合を修正。

スポンサーリンク

 AdobeがmacOS 10.13 High SierraにアップグレードしたMacで発生していたAPFSによる不具合をIllustrator CC October 2017 (22.0)で修正したと発表しています。詳細は以下から。

Adobe Illustratorのアイコン

 Adobeは現地時間2017年10月19日、macOS 10.13 High SierraへアップグレードしたMacでAPFSファイルフォーマットにより発生していたいくつかの不具合を、同日にリリースしたIllustrator CC October 2017 (22.0)で修正したと発表しています。

Solution: This issue has been fixed in the October 2017 release of Illustrator CC (version 22). Upgrade to the latest release of Illustrator to resolve it.

Known issues – Running Illustrator CC on macOS 10.13 High Sierra – Adobe

 Illustrator CC October 2017 (22.0)で修正されたのはmacOS 10.13 (APFS)のMacで発生していた「カラーマネージメントファイルのエラー」および「EPSファイルが稀に破損する」不具合で、両不具合はIllustratorを最新バージョンにアップグレードする事で修正されると説明されていますが、

Adobe Illustrator CC 2017で発生していたAPFSの不具合修正報告

GPUパフォーマンスを利用するとブラシやライブコーナーウィジェットでレンダリングエラーが出る問題は現在のところ解決しておらず、GPUパフォーマンスを無効にする案が示されているので、macOS 10.13 High Sierraアップグレードされる方は注意して下さい。