Adobe、次期Creative CloudのメジャーアップデートでAfter EffectやPremiere Proなどのシステム要件をmacOS 10.12 Sierra以上に引き上げ。

スポンサーリンク

 Adobeが次期Creative CloudのメジャーアップデートでAfter EffectやPremiere Proなどビデオ&オーディオ系アプリのシステム要件をmacOS 10.12 Sierra以上に引き上げると発表しています。詳細は以下から。

macOS Sierra 10.12 のロゴ。

 AdobeのマーケティングマネージャーEric Philpottさんは現地時間2018年08月24日、次期Adobe Creative Cloudのメジャーアップデートでビデオおよびオーディオ系アプリのシステム要件を引き上げると発表しています。

We want to give you advance notice that upcoming versions of the Adobe video and audio tools will require Windows 10 (version 1709, or higher) or macOS 10.12 (or higher) to run. This applies to the next major releases of Adobe Media Encoder, After Effects, Audition, Character Animator, Prelude, and Premiere Pro.

Adobe Video and Audio Apps: Upcoming Changes to OS Support – Adobe Blog

 具体的にはAdobe Media EncoderやAfter Effects, Premiere Proなど以下のAdobe製ビデオ&オーディオアプリの必要システム要件がWindows 10 v1709以上/macOS 10.12 Sierra以上に変更され、Macの場合OS X 10.11 El Capitanでは次期CCのメジャーアップデートが非サポートとなるそうです。

Adobe Video and Audio Apps: Upcoming Changes to OS Support

As we prepare for our next major release of Creative Cloud, we wanted to share some information on updated operating system requirements. To take advantage of the latest operating system features and technologies, the next major release of Creative Cloud will not support Windows 8.1, Windows 10 v1511 and v1607, and Mac OS 10.11 (El Capitan).

Upcoming Changes to Creative Cloud OS Support for Windows and Mac – Adobe Blog

システム要件が変更されるアプリ

CCのメジャーアップデートをインストールできないOS

  • macOS : OS X 10.11 El Capitan
  • Windows : Windows 8.1, Windows 10 v1511, v1607

 この変更は各プラットフォームでハードウェアのパフォーマンスを最大限に活用したアプリの開発を行うためで、昨年同様サポートが終了しても現在のバージョンのCCアプリをインストール&実行することは可能ですが、次期メジャーアップデートが適用されたCCアプリはOSをアップグレードするまでインストール&実行することはできなくなるそうで、

If you’re running Windows 8.1, Windows 10 v1511 and v1607 or Mac OS 10.11 (El Capitan), you can continue to run and install current and previous versions of Creative Cloud applications. However, you will not be able to install or run the next major release of Creative Cloud unless you’re on a supported version of Windows or MacOS.

Upcoming Changes to Creative Cloud OS Support for Windows and Mac – Adobe Blog

Creative Cloud Desktopアプリについては今後もWindows 7およびOS X 10.9 Mavericks以降でサポートするとコメントされています。

Creative Cloud Desktop, which manages application installs, will continue to be supported on Windows 7 or later and Mac OS X v10.9 or later.

Upcoming Changes to Creative Cloud OS Support for Windows and Mac – Adobe Blog

コメント

  1. 匿名 より:

    切り捨て早くね?
    El CapitanからSierraの間で、そんなにOSのAPIに変更があったか・・・?
    APFSの影響か?

    • 匿名 より:

      挙動の変更が激しすぎで1バージョン前のサポートですらしんどいとツール作ってる人がぼやいてました