Pixelmator、Appleの機械学習技術「Core ML」などを採用した新しいMac用グラフィックスツール「Pixelmator Pro」を今年後半にも発売。

スポンサーリンク

 Pixelmator TeamがAppleの機械学習技術「Core ML」などを採用した新しいMac用グラフィックスツール「Pixelmator Pro」を今年後半に発売すると発表しています。詳細は以下から。

Pixelmator Proのアイコン

 Mac/iOS用アプリPixelmator(関連記事)シリーズを開発しているリトアニアのPixelmator Teamは本日、以前Sneak Peekを公開していた新しいMac用グラフィックスツール「Pixelmator Pro (v1.0 コードネーム”Whirlwind”)」を今年後半にも公開すると発表しています。

Pixelmator Proのスクリーンショット

The Pixelmator Team today unveiled Pixelmator Pro, a brand new Mac app that redefines image editing on the Mac, providing professional-grade editing tools in an incredibly intuitive and accessible design. Pixelmator Pro 1.0, codenamed Whirlwind, includes a modern single-window interface, nondestructive, GPU-powered image editing tools, machine learning-enhanced editing features, and more.

メーリングリストより

 メーリングリストによると、Pixelmator ProはMacのグラフィックス性能を最大限に活かすため、AppleのグラフィックスAPI「Metal 2」や「Core Image」、「OpenGL」に対応し、「Swift 4」を利用し開発されている他、新たにAppleの機械学習技術「Core ML」を利用した編集ツールなどが利用できるそうです。

Pixelmator-Pro-CoreML

Core MLを利用したPixelmator Proの修正ツールのデモ

スポンサーリンク

Pixelmator Proの機能

 また、Pixelmator ProはmacOS 10.13 High SierraでサポートされるHEIFもサポートしており、主な機能は以下のとおりとなっています。

  • Swift 4を採用しAppleのグラフィックスAPI「Metal 2」に対応。
  • Appleの機械学習技術「Core ML」を利用した人物検出や自動水平調整、オブジェクトのクイック検出機能。
  • HEIFフォーマットやマルチRawレイヤーをサポート。
  • Adobe Photoshopファイルをサポート。
  • Metal 2を利用したレタッチや100以上のブラシ、シェイプ、選択ツール。
  • iCloudおよびバージョン管理, タブ, フルスクリーン, Split View, Touch Bar, Wide ColorなどmacOSの機能をデフォルトでサポート。

 また、Pixelmator ProはMac App Storeでのみ(独占)販売され、The Vergeのインタビューに答えたPixelmator TeamのAndrius Gailiunasさんによると、価格はPixelmator for Macが現在30ドル、Adobe Photoshopが10ドル/月であることを考慮して出来るだけ手軽な価格で提供したいとコメントしています。