iOS 11 beta搭載のiPhoneでもドラッグ&ドロップ機能を有効にできる設定が発見されたもよう。

シェアする

スポンサーリンク

 iOS 11 beta搭載のiPhoneでもドラッグ&ドロップ機能を有効にできる設定が発見されたようです。詳細は以下から。

iOS 11のロゴ。

 AppleはWWDC 2017の基調講演の中でiOS 11ではiPadでドラッグ&ドロップ機能が利用できるようになると発表し、その後iOS 11 betaではiPhoneでも一部のドラッグ&ドロップ機能が動作することが確認されましたが、さらに開発者のStevenさんによると、AppleはiOS 11 betaにiPhoneでもドラッグ&ドロップ機能を有効にできる設定を発見したそうです。

Steven Troughton-Smith uncovered the hidden settings to enable inter-application drag-and-drop in the first iOS 11 developer beta.

Drag and Drop on iPhone in iOS 11 – Daring Fireball

 iOS 11 betaでSteveさんが発見した設定(UIKit prefsの”CancelOnDeactivationPhone”)を有効にすると、iPhone上でも以下の様にmacOS/OS Xのスプリングフォルダ風にファイルを扱うことが可能となっているそうで、

アプリ内 アプリ間

SteveさんはAppleが現在この機能をテストしており、iPhone 8でオンスクリーン・ホームボタンが採用されるならば、ドロップするターゲットにそのホームボタンを指定することで、

この機能は理にかなったものとなるだろうとコメントしているので、次期iPhone 8のデザインによってはiPhone上でもドラッグ&ドロップ機能が利用できるようになるかもしれません。