Apple、macOS 10.13やiOS 11、watchOS 4などの1st Betaを開発者向けに公開。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.13やiOS 11、watchOS 4などの1st Betaを開発者向けに公開しています。詳細は以下から。

SDKのアイコン。

 Appleは現地時間2017年06月05日に行ったWWDC 2017の基調講演の中で、次期Mac/iOS用OSとなるmacOS 10.13 High SierraおよびiOS 11、watchOS 4, tvOS 11などを発表しましたが、本日よりこれらの1st Betaを開発者向けに公開しています。

macOS High Sierra 10.13 1st Betaリリース。

See What’s Next June 5, 2017
The new beta of Xcode 9 is now available, and includes Swift 4 and SDKs used to build apps with the latest innovations and powerful capabilities in macOS, iOS, watchOS, and tvOS.

  • Xcode 9 beta (9M136h)
  • macOS 10.13 beta (17A264c)
  • iOS 11 beta (15A5278f)
  • watchOS 4 beta (15R5281f)
  • tvOS 11 beta (15J5284e)

News and Updates – Apple Developer

 これらのBeta版は開発者アカウントであれば、すぐにでもダウンロード&アップグレードする事が可能で、macOS 10.13 High SierraでmacOS 10.12 Sierraからシステム要件が更新されていないため、Sierraが利用できるMacは全てアップグレード可能だと思われますが、

APFSの説明。

macOS 10.13ではMacのファイルシステムが「APFS」へ変更されると発表されていたので、ユーザーの方はTime Machineバックアップを取るか、VMを利用してmacOS 10.13を利用することをお勧めします。

コメント

  1. 匿名 より:

    >VMを利用してmacOS 10.13を利用することをお勧めします。
    VMWare Fusion で 10.12 からアップグレードかけたら、起動できず。APFS との相性の可能性があるかもしれない。
    Fusion で無事にインストールできた人がいたらおしえてな