OS X 10.10 YosemiteのBluetoothオーディオはAACコーデックに対応せず、周辺機器があるとSBC接続になる?

シェアする

スポンサーリンク

 昨日(27日)発売のMacFan 2015年2月号 40ページを見ていたら「OS X YosemiteはBluetooth オーディオのAACコーデックに対応していない?」という記事が出ていたので確認&その他まとめてみました。詳細は以下から。


OS-X-Yosemite-Bluetooth-Hero


 OS X 10.10 Yosemite Developer Preview版では、Bluetooth オーディオでAACコーデックが対応になっていましたが、10月にリリースされたOS X 10.10 YosemiteはAACに対応しておらず、一定の条件下ではaptXではなくSBC接続になってしまう様なので以下にまとめました。


OS X 10.9.3とOS X 10.10 BetaでのBluetoothコーデック
[OS X 10.10 YosemiteではBluetoothのオーディオコーデックにAACを標準サポート?b.hatena]

OS X 10.10.0/1 YosemiteではAAC非対応

 Developer Preview(Bluetooth ドライバー v4.3.0d54)で確認されたAACコーデックは、OS X 10.10 Yosemite(v4.3.1f2)ではBluetooth Explorer.appやdefaultsコマンドを使用してもAACを有効にすることは出来ませんでしたが、


OS-X-Yosemite-Bluetooth-Audio-AptX

 Hardware IO Tools for Xcode 6.1のBluetooth Explorer v4.3.0にはまだAACの項目があるのでOS X 10.9.2 MavericksからApt-Xが標準対応になった様に今後対応するかもしれません。


OS-X-Mavericks-and-Yosemite-Bluetooth-Explorer

周辺機器があるとSBCコーデックに?

 フランスのMac系ブログ”Le journal du lapin”ではYosemiteがAACに対応していなかった事と、”Seconde déception(第2の幻滅)”として「Yosemiteも複数のBluetoothデバイスが接続されているとaptXではなくSBCで接続されてしまう」という検証を掲載しており、


OS-X-Yosemite-Bluetooth-Codec-SBC-and-aptX

 Twitter[1, 2]やHacker News[1]などでも一部のユーザから同様の報告がされているようで、SBCになるとaptXではビットレート352 kb/sだったものが、325 kb/s(場合によっては226 kb/s)になってしまうのでBluetoothオーディオ機器を接続する際はコーデックを確認した方がよさそうです。


SBC-and-aptX-BitRate

 追記:Mac Fan 2015年2月号の該当のページ(40ページです)はGoogle Booksで読めるようなので、興味のある方は関連リンクからどうぞ。

関連リンク:
Petit retour sur l’AAC, l’aptX, le Bluetooth et Yosemite – Le journal du lapin

Mac Fan 2015年2月号 – Google Books

コメント

  1. Apple7743 より:

    マベからそのままヨセミテにアップデートして
    今確認したらSBCだった…なんだこれw
    マベでapt-X完全対応じゃなかったのかw?

  2. Apple7743 より:

    まあ色々トラブル有るからSBC安定だな
    音質こだわるなら光なりでアンプ繋げと

  3. Apple7743 より:

    iTunesがFLACやDSDに対応してないのもショボーンだしな

  4. Apple7743 より:

    OSXもiOSもFlac未対応(標準では)が一番ショボーンだよね・・・
    (ALACなんて汎用性ないから使わないし)