Apple、4インチディスプレイやApple A9を搭載した「iPhone SE」を発表。

スポンサーリンク

 米AppleがiPhone 5シリーズと同じ4インチサイズのディスプレイやApple A9チップ、フロントカメラフラッシュなどを搭載した「iPhone SE」をスペシャルイベント「Let us loop you in.」にて発表しています。詳細は以下から。

iPhone-SE-Hero

 Appleは現地時間3月21日、「Let us loop you in.」スペシャルイベント内にて、4インチのRetinaディスプレイ、iPhone 6sと同じApple A9チップ、12メガピクセルiSightカメラなどを搭載した「iPhone SE」を3月31日より発売すると発表しています。

Apple-announce-iPhone-SE-img1

iPhone SEへようこそ。これまでで最もパワフルな4インチのスマートフォンです。この一台を作るために、私たちは人気のデザインをベースにして、それを完全に生まれ変わらせました。iPhone 6sに使われているものと同じ先進的なA9チップ。

iPhone SE – Apple(日本)

スポンサーリンク

iPhone SEのスペック

 iPhone SEはiPhone 6sと同等の「Apple A9」プロセッサとモーションコプロセッサ「M9」を搭載し、CPUパフォーマンスはiPhone 5sの約2倍、GPUは5sの約3倍になると発表されており、

Apple-announce-iPhone-SE-img2-CPU-GPU

 また、スペシャルイベント内で公開されたデモでは、新たにFaceTime HDカメラを使用し自撮り(セルフィー)を撮影する際、フラッシュを補うためRetinaディスプレイを通常の3倍明るくしてフラッシュの様に発光させる「Retina Flash」(写真右)や、

iPhone-SE-Retina-Flash

FaceTime HDカメラのフラッシュとしても機能するのです。Retina Flashは、ディスプレイが通常より3倍明るいフラッシュを発光できるようにするカスタムディスプレイチップにより駆動。明るさの足りない場所や夜でもあなたを照らし、美しいセルフィーを撮れるようにします。

iPhone SE – Apple(日本)

 4Kビデオの撮影、 802.11ac Wi-Fi、Live Photos,Hey Siri, Bluetooth 4.2などiPhone 6sと同様の機能を利用できると発表されていますが、3D Touchや4G LTE-Advancedに対応しておらず、Touch IDも一世代前のものが採用されているようです。

iPhone-SE-Technology-Preview

 カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色で、日本では3月24日 予約開始、31日 出荷、価格は16GBが52,800円(399ドル)、64GBが64,800円(499ドル)と発表されています。

関連リンク

コメント

  1. 匿名 より:

    iPhone 5からSEへ行くユーザーは多いと思うけど、6sと比べると
    ・MIMO対応してない
    ・気圧センサーがない
    ・128GBモデルがない
    ・3D Touchがない
    ・カメラの視野角がない
    のナイナイづくしだから、4インチの小型iPhoneが好きなユーザー向けだね。

  2. 匿名 より:

    個人的に3Dタッチないのは残念だな〜。でも片手で使えるメリットは大きいんだよな。

  3. 匿名 より:

    見た目に変化が内容に見えるけど、若干寸法とか変わってるのかな?iPhone5Sケースは使えるんだろうか?

  4. 匿名 より:

    同じ399ドルと発表されたiPad Air2との価格差に萎えるが、同じiPhone内で比べればよっぽどコスパ高いね
    これでキャリアのmnpキャンペーンが来れば完璧なんだが…
    それと※1さんドンマイw

  5. 匿名 より:

    おっしゃ〜やっと4から乗り換えられるぜ
    と思ったら3Dtouchないんかよ
    まあ値段が値段だしええかな

  6. 匿名 より:

    3D Touchなんて無くても全然困らないって。