macOS 10.12 Sierraのメールアプリでフィルタ機能を使う方法。

スポンサーリンク

 macOS 10.12 Sierraのメールアプリでフィルタ機能を使う方法です。詳細は以下から。

Apple-Mail-logo-icon

 AppleはiOS 10でメールアプリをアップデートし「フィルタ」および「メーリングリストの登録解除」機能を搭載しましたが、この「フィルタ」機能はmacOS Sierraのメールアプリにも搭載されています。

ios-10-mail-filter

Sierraのメールフィルタ

 macOS Sierraのメールアプリでフィルタ機能を利用するにはメッセージリストのフィルタボタンか、表示メニューの[メッセージフィルタを有効にする⌘L]でフィルタリストを表示できます。

macos-sierra-mail-filter

 macOSのメールアプリで利用できるフィルタはiOS 10と同じ以下の7つですが、macOSのメールアプリのフィルタ機能は日付や差出人などでのソート(表示順序)機能も併用することが出来るので、Sierraへアップグレードした方は試してみてください。

  • 適用する項目
    • 未開封
    • フラグ付き
  • 宛先
    • 宛先:自分
    • CC:自分
  • 添付ファイル付きのみ
  • VIPからのみ