一部のMacBook Pro Late 2016でバッテリー駆動時間が数時間しかもたない現象が報告される。

スポンサーリンク

 一部のMacBook Pro Late 2016でバッテリー駆動時間が数時間しかもたない現象が報告されています。詳細は以下から。

battery-logo-icon

 Appleは10月末に開催したスペシャルイベント「hello again」の中で新たに発売するMacBook Pro Late 2016は、MacBook Airより体積が13%以上小さくなったTouch Bar搭載モデルでも、いままで通り最大10時間以上のバッテリー駆動時間(Wi-Fiブラウジング)が可能であると発表していましたが、

MBP 2015
13-inch
MBP 2016
13-inch
Touch Bar非搭載
MBP 2016
13-inch
Touch Bar搭載
MBP 2016
13-inch
Touch Bar搭載
バッテリー駆動時間&スペック
Wi-Fiブラウジング 最大10時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間
iTunesムービー 最大12時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間
バッテリー容量 74.9Wh 54.5Wh 49.2Wh 76.0Wh
技術仕様 Link Link Link Link

MacRumorsによると、Apple Support CommunitiesやMacRumors Forumに一部ユーザーの間からバッテリー駆動時間がAppleの仕様の10時間を下回る3~6時間しか利用できないという報告が多く投稿されているそうです。

A subset of users who purchased a new MacBook Pro with Touch Bar claim to be experiencing shorter than expected battery life.In particular, some users claim to be getting as little as 3 to 6 hours of battery life on a single charge, or between 30% and 60% of the up to 10 hours advertised.

MacBook Pro Users Express Concerns About Limited Battery Life – Mac Rumors

症状と原因

 この症状を訴えている方の多くはChromeやdGPUを利用したアプリを使っているようで、MacRumros ForumのScottさんは、Google Chromeを12分使っただけでバッテリー駆動時間が10%から5%へ低下したと報告しており、

google-chrome-drop-macbook-pro-2016-battery

MacRumors forum member Scott claimed he experienced a 5 percentage point drop in battery life, from 10% to 5%, in just 12 minutes. Google Chrome, a known battery hog, was listed as the only app drawing significant power. The discussion topic he posted in and others are littered with similar claims of sizeable percentage drops in mere minutes.

MacBook Pro Users Express Concerns About Limited Battery Life – Mac Rumors

GPUについてはArsのバッテリー駆動テストでもdGPUを使用するアプリを起動するとiGPU使用時と比較して駆動時間が約半分になるとレポートされているため、この問題はハードウェアではなく、特定のアプリなどによるソフトウェアが大きく起因しているようです。

battery-life-bench-wi-fi-macbook-pro-late-2016-img1

おまけ

 この問題については何人かの方にコメントやメッセージ欄でお知らせいただきましたが、ArsLaptop Magazine, Notebook CheckのバッテリーベンチマークではTouch Bar搭載モデルでも、Appleの示した約10時間というバッテリー駆動時間に近い値が出ており、

Apple Support Communitiesなどの各Forum, Twitterでも仕様通りのバッテリー駆動時間を報告している方がいるため、バッテリー駆動時間が短いと思われる方は以下のアプリやデバイスを利用しない状態でチェックしてみてください。

  • Google Chrome
  • iTunes (Apple Music?)
  • Dropbox
  • Spotlight
  • dGPUを利用するアプリ
  • 外部ディスプレイ

関連スレッド

コメント

  1. 匿名 より:

    ハードウェアの問題(ソフトウェアがらみかもしれないけど)ばかりだね。

    色々と品質落ちてるように思うけど、昔からこんな感じだったような。

  2. 匿名 より:

    ここ数年マイナーチェンジで済ましてきたからエンジニアの腕がなまっていたとか?笑

  3. 匿名 より:

    dGPUの消費電力だけ電池短くなるの当たり前では

  4. 匿名 より:

    dGPUはね、「え?こんなソフトが?」って感じで有効になっちゃうのよ。しかも(おそらく)意図せずdGPUが有効になってしまうソフトはOSのバージョンによっても異なったり(たぶん環境にも依存)。一時期はATOKでdGPUを要求していることになっていた。
    なのでMacBook ProのdGPUモデルは積極的に統合GPUに固定して使うのが吉。