Mac版Siriだからこそ出来ること。

スポンサーリンク

 macOS 10.12 Sierraに搭載されたMac版のSiriで出来る機能をまとめました。詳細は以下から。

Siri-for-Mac-logo-icon

 Appleが現地時間2016年9月20日公開したMac用OS「macOS 10.12 Sierra」にはiOSの音声アシスタント「Siri」が移植されましたが、Mac版SiriにはiOS版Siriには無いいくつかの機能が利用できます。

macos-ios-siri-sierra-hero

Macのスペック

 Mac版Siriでは使用しているMacのCPUやメモリ容量、ストレージの空き容量、シリアル番号などを表示することが出来ます。表示できる項目はほぼ[このMacについて]記載されている項目と同じです。

macos-10-12-sierra-siri-for-mac-features-2

  • このMacのCPUは?
  • このMacのメモリは?
  • このMacのシリアル番号は?
  • このMacの空き容量は?
  • iCloudの空き容量は?
  • OSのバージョンは?

システム環境設定

 システム環境設定の変更はiOS版Siriでも可能ですが、「コンピュータのスリープ」などMacのみで利用できる項目もあります。

macos-10-12-sierra-siri-for-mac-features-3

  • Wi-Fi/Bluetoothをオフ
  • 画面を明るくして
  • 壁紙を変えたい
  • セキュリティーの設定
  • Twitterの設定をみせて
  • このMacをスリープ

Finderの操作

 iOSには無いFinderアプリの操作もMac版Siriならではの機能として追加されています。

macos-10-12-sierra-siri-for-mac-features-6

  • デスクトップ上のイメージファイルを見せて
  • 書類/ダウンロードフォルダを表示
  • 昨日作ったキーノートファイルを探して

検索結果の保存

 Mac版SiriではWebなどの検索結果をMacの通知センターにピン止めしておくことが可能です。ピン方法は検索後にSiriウィンドウ右上に表示される[+]ボタンを押すだけで、通知センターからいつでも検索結果にアクセスできます。

macos-10-12-sierra-siri-for-mac-features-4

スマートフォルダの作成

 上記の検索結果はFinder検索(TwitterなどのSNSも?)に限り、新しいファイルが追加された場合にそれらを含む検索結果を表示するスマートフォルダの様な通知センターウィジェットを作成することが出ます。

macos-10-12-sierra-siri-for-mac-features-5

通知センターのウィジェットはFinderのスマートフォルダより更新頻度が遅いようです

ショートカットキー

 現在Mac版Siriはプラグインを利用する以外「Hey Siri」の音声起動には対応していませんが、Mac版Siriはシステム環境設定のSiriパネルから好きなショートカットキーを割り当てることが可能で、EarPodsやサードパーティ製メーカーのSiri対応ヘッドセットからの起動にも対応しています。

macos-10-12-sierra-siri-for-mac-features-6

BUFFALOのBSHSBE34でもマルチファンクションボタン長押しで起動可能でした。

おまけ

 これはiOS版Siriも同じですが、Siriが聞き取れなかった音声は一部または全て編集してキーボード入力することが可能なので、Macのマイクが遠くて正しく音声入力できない方は試してみてください。

macos-10-12-sierra-siri-for-mac-features-7

コメント

  1. 匿名 より:

    手動でsiri起動させる必要あるのか
    heysiri対応するまで出番なさそうだな

  2. 匿名 より:

    Hey Siriが対応したら、スリープは使えそう。

  3. 匿名 より:

    いいものが入ってますよ!で草

  4. 匿名 より:

    アクセシビリティとの組み合わせで擬似的にheysiriできるみたいですよ
    https://www.youtube.com/watch?v=lowhTaZKy54