Adobe、macOS Sierra 10.12環境でPhotoshop CC利用時にいくつかの問題があるとしてサポートページを公開。

スポンサーリンク

 AdobeがmacOS Sierra 10.12環境でPhotoshop CC利用時にいくつかの問題があるとしてサポートページを公開しています。詳細は以下から。

Adobe-Systems-logo-icon

 macOS 10.12 Sierraへの対応状況を公開しているAdobeが、SierraでPhotoshop CC 2015.5以前を利用時にいくつかの問題があり、それらを修正するための解決方法をまとめたサポートページを新たに公開しています。

adobe-photoshop-cc-check-list

macOS Sierra 10.12環境で、Photoshop CC 2015.5以前のバージョンをご利用時に確認されている問題
Photoshop CC 2015.5以前のバージョンではmacOS Sierra 10.12利用時にいくつかの問題があります。

【重要】Photoshop CC 2015.5以前とmacOS Sierra 10.12について

 Adobeが認識している問題はズームツールとスクロールバーを使用した際に発生する以下の2つの問題で、どちらもSiriと重複しているショートカットキーを変更する、スクロールバーをマウスホイールなどでスクロールするといった方法で対処できるそうなので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

adobe-photoshop-cc-and-siri-shortcut

  • 認識されている問題①
    • Command + Space バーを同時に押すキーボードショートカットでmacOSの Siri とズームツールが一緒に起動する。
  • 解決法①
    • macOSの環境設定で「Siri」のショートカットをポップアップメニューから変更する。

  • 認識されている問題②
    • ダイアログウィンドウやパネル類のスクロールバーをドラッグするとPhotoshopのインターフェイスが再描画される。
  • 解決法②
    • スクロールバーはドラッグではなく、マウスホィールまたはトラックパッドでスクロールする。

コメント

  1. 匿名 より:

    なんで毎回OS新しいの出てからしばらくして不具合報告すんだろココ