新しいiMac 21インチ 4Kディスプレイは9月上旬から生産を開始し、第4四半期に出荷予定?

スポンサーリンク

 新しいiMac 21インチ 4Kディスプレイは9月上旬から生産を開始し、第4四半期に出荷予定になるとDIGITIMESなどが報じています。詳細は以下から。


All-New-iMac-4K-Display-Hero


 OS X 10.11 El Capitanの設定ファイルに発見されたGPUナンバーや同梱が予想される新しい”Apple Wireless Keyboard”と”Magic Mouse 2″など複数の情報が出てきているiMac (Retina 4K, 21-inch)モデルですが、

 DIGITIMESが「Appleは iMac (Retina 4K, 21-inch)モデルを9月上旬に生産開始し、第4四半期(10~12月)に発売する予定である」という台湾のサプライヤーの情報を伝えています。

Production of a new 21-inch iMac featuring a 4096 by 2304 screen kicked off in early September and will be launched in the fourth quarter, with shipments in the quarter estimated at 1.4-1.5 million units, according to Taiwan-based supply chain makers.

[Production of new 21-inch iMac begins, say Taiwan makers – DIGITIMES]

 また、サプライヤーは同時に「AppleのiMacは高い平均販売価格(Average Sales Price)でローエンドモデルでも1,099ドルからで、これはLenovoのオールインワンPCのハイエンドモデルの価格に値します。(しかし)iMac Retina 4K, 21-inchモデルは第4四半期だけで140 ~ 150万台の出荷が見込まれ、Lenovoが今年半期に出荷したオールインワンPCの販売台数を上回る可能性がある」とコメントしているそうです。

With shipments from existing iMac products, Apple’s overall all-in-one PC shipments could surpass those of Lenovo in the second half.

[…]
Currently, Apple is able to ship about four million iMacs each year, about the same as Lenovo, but iMacs have a much higher ASP. Apple’s lowest-end iMac is priced starting at US$1,099, while Lenovo’s high-end all-in-one PCs start at the same price point. Lenovo’s mid-range and entry-level models are priced starting US$599.99 and US$399,99, respectively.

[Production of new 21-inch iMac begins, say Taiwan makers – DIGITIMES]

 10月1日にはOS X 10.11 El Capitanのリリースが予定されていますが、Daring FireBallによるとAppleはこの秋にはもうスペシャル・イベントを行わないようなので、iMac Retina 4K, 21-inchモデルはEl Capitanリリース後、プレスリリースだけで発表される可能性がある様です。


関連リンク: