Microsoft、新しい「Microsoft Remote Desktop for Mac」のベータ版を公開、UIを刷新しコピー&ペースト機能などがアップデート。

スポンサーリンク

 Microsoftが新しい「Microsoft Remote Desktop for Mac」のベータ版を公開しています。詳細は以下から。


Microsoft-Remote-Desktop-Beta-for-Mac-Hero


 Microsoftは現地時間8月11日、Microsoft Remote Desktop for Macのベータ版” Remote Desktop Beta”を公開し、フィードバックを求めています。


Microsoft-Remote-Desktop-Hello-Window2

Those of you using Mac devices today may already be familiar with the Remote Desktop app for Mac. The Remote Desktop Beta app released today is a separate application with a brand-new user interface design and new features. The Remote Desktop team is looking forward to our users test driving this new application and providing us feedback.

[Introducing the new Microsoft Remote Desktop Preview app for Mac – Remote Desktop Services (Terminal Services) Team Blog – MSDN Blogs]

Remote Desktop Betaでの変更点は以下の通り、


Microsoft-Remote-Desktop-Beta-for-Mac-diff

  • Connection Center ウィンドウ
    新しくなったConnection Centerはリモートデスクトップ名の表示だけではなく、設定の変更、ダブルクリックでの接続、サムネイル表示などが可能になっています
  • Preferences ウィンドウ
    Preferenceからはサムネイル表示のON/OFF、アカウントの管理などが可能
  • Remote Session
    新しいリモートセッションではWindowsとOS X間でのカット/コピー/ペースト ショートカットキー(CTRL X/C/VとCMD X/C/V)が互換可能に
  • その他、不具合修正やパフォーマンスの改善

 プレビュー版のシステム要件はOS X 10.9 Mavericks以上で、ダウンロードはHockeyApp経由ですが、ユーザーアカウントを作成しなくてもダウンロード可能でフィードバックはシステムメニューから送信できます。


Microsoft-Remote-Desktop-Feedback

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    うわー捗るねぇ。ファイアウォールと格闘してようやく使えるようになったけど、手間に見合うアプリだわ。