Apple TV Software Update 6.2はセキュリティーアップデートと安定性の向上のみ。

スポンサーリンク

 AppleがApple TV Software Update 6.2をリリースしましたが、CVE修正がメインで大きなアップデートは無いようです。詳細は以下から。

 Apple TV Software Update 6.1では「AirPlay device to discover Apple TV over Bluetooth」や「購入したテレビ番組や映画を Remote App で表示してタップすると、すぐに Apple TV で再生する機能」などのアップデートがありましたが、Apple TV Software Update 6.2ではセキュリティーアップデート(CVE-2014-1355)と安定性の向上のみのようです。


2-Hero

CVE-2014-1355 : An application could cause the device to unexpectedly restart. A null pointer dereference existed in the handling of IOKit API arguments. This issue was addressed through additional validation of IOKit API arguments.

 redditや各サイトのForumの情報によると「Wi-Fiの受信速度がv6.1.1より改善された」や「Home Shareで大きな写真ライブラリを読み込む時の不具合が解消されたっぽい」などの情報が上がっていますが、とりあえずアップデート後 不具合は無いようです。


2-info


・Wi-Fi reception to an AirPort Express 802.11n 2nd gen improved for me from Average to Excellect from 6.1.1 to 6.2
・6.2 appears to have fixed the home sharing photo slideshow issue with large photo libraries

アップデート方法

 アップデートはいつも通り「設定 > 一般 > ソフトウェア・アップデート」からどうぞ。


2-Step

関連リンク:
AppleTV Software Update 6.1の新機能「AirPlay device to discover Apple TV over Bluetooth」を試してみた