macOS High Sierraのシステム要件はSierraと変わらずLate 2009以降のMacBook、2010年製以降のMac miniなどがアップグレード可能に。

スポンサーリンク

 macOS High Sierraのシステム要件はmacOS Sierraと変わらずLate 2009以降のMacBookやiMac、2010年製以降のMac miniなどが対象になるようです。詳細は以下から。

Mac miniのアイコン。

 Appleは現地時間2017年06月05日、WWDC 2017の基調講演の中で次期Mac用OSとなる「macOS High Sierra」を今年の秋にも無料で公開すると発表しましたが、High Sierraへアップグレードが可能なMacのシステム要件はmacOS Sierraと変わらないようです。

macOS Hight Sierraへアップグレードが可能なMacの一覧。

High Sierraのシステム要件

 AppleはmacOS 10.12 SierraでアップグレードできるMacのハードウェア条件をEl Capitan時のハードウェア条件から引き上げ、Late 2009以降のiMacおよびMacBook, 2010年製以降のその他のMacがサポートされていましたが、WWDC 2017の基調講演の中で公開されたスライドによると、High Sirraではこのシステム要件が引き継がれるようです、

OS X 10.11
El Capitan
macOS 10.12
Siera
macOS 10.13
High Siera
MacBook Late 2008アルミニウム製
またはEarly 2009以降
Late 2009以降
MacBook Air Late 2008以降 Mid 2010以降
MacBook Pro Mid/Late 2007以降 Late 2010以降
iMac Mid 2007以降 Late 2009以降
Mac mini Early 2009以降 Mid 2010以降
Mac Pro Early 2008以降 Mid 2010以降

 ただし、macOS Sierraで利用可能になったユニバーサルクリップボードやAppleWatchによる自動ロック解除などは、OSのアップグレードとは別にBletooth LEなどの使用要件が設定されているため、High Sirraの新機能である「Metal 2」や「Metal for VR」を利用するのにも別の使用要件が設定されている可能性があります。

macOS 10.12
Sieraサポート
ユニバーサル
クリップボード
AppleWatchによる
自動ロック解除
MacBook Late 2009以降 Early 2015以降 Mid 2013以降
MacBook Air Late 2010以降 2012以降
MacBook Pro Mid 2010以降
iMac Late 2009以降
Mac mini Mid 2010以降
Mac Pro Mid 2010以降 2013以降