Mac用diffツール「Kaleidoscope」が2年ぶりのアップデート。Sierraでの不具合を修正しインターフェイスを刷新。

スポンサーリンク

 Mac用diffツール「Kaleidoscope」が2年ぶりにアップデートし、Sierraでの不具合を修正しインターフェイスを刷新したと発表しています。詳細は以下から。


 KaleidoscopeはMac/iOS用RSSリーダー「NetNewsWireなどを開発している米シアトルのBlack Pixelが開発&販売しているdiffツールで、Mac App Storeの[Essentials]アプリとしても登録されていますが、このKaleidoscopeが2年ぶり(MacAppStore版では3年ぶり)となるv2.2アップデートを公開しています。

Kaleidoscope 2.2 – build 439 (Direct) / 439.1 (Mac App Store) May 3 2017

  • New: Added support for recent macOS updates.
    • Overhauled the interface to better reflect the contemporary Mac environment.
    • Added stability with multiple under-the-hood improvements.
    • Modernized the codebase to make future work more manageable.
    • Fixed various issues related to macOS Sierra.

Kaleidoscope Support – Black Pixel

 Kaleidoscope v2.2ではmacOS Sierraで発生していた複数の不具合が修正された他、最新のmacOSに合わせてユーザーインターフェースが刷新されているので、ユーザーの方はMac App Storeおよび公式サイトからアップデートしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    Macでは貴重なdiffツールだから、アップデートしてくれるのは嬉しい。