Time Machineのバックアップ作成時にMacBook Pro Late 2016がクラッシュし続ける不具合はmacOS Sierra 10.12.2で修正されるもよう。

スポンサーリンク

 Time Machine使用時にMacBook Pro Late 2016がクラッシュし続ける不具合はmacOS Sierra 10.12.2で修正されるようです。詳細は以下から。

time-machine-256-logo-icon

 Appleが2016年10月に発売を開始したMacBook Pro Late 2016モデルでは新たにThunderbolt 3(USB-C)ポートが採用されましたが、このポートにアダプタを接続しTime Machineを使用していた複数のユーザーから報告されていましたが、

この不具合の修正をAppleへ訴えかけたMacRumors ForumのメンバーdavemilesさんはAppleのFederighi SVPから「その不具合は最新のmacOS Sierra 10.12.2 Public Betaで修正されました」という返事を受け取ったそうです。

major-usb-c-issue-fix-macos-10-12-2

‘Hi David,
Sorry for the inconvenience!
We we have indeed fixed this issue in the latest Sierra public beta (10.12.2, available at beta.apple.com).
Thanks,
– craig’

New MBP 2016 Crashing During Time Machine Backup – MacRumors Forums

 このメールがAppleから送信されたものかどうかは確認できていませんが、実際、MacBook Pro Late 2016モデルにmacOS Sierra 10.12.2のBeta版をインストールしたsaba01さんやMike84さんは今までクラッシュが発生していた4TBのファイルの転送やTime Machineバックアップに成功したと報告しているため、この不具合は次期アップデートで修正されると思われます。

I had the same issue, MBP crashed when transferring large files (over 4TB). Installed 10.12.2 and problem is solved!
Yesterday I did a 40TB backup with no problems at all!

New MBP 2016 Crashing During Time Machine Backup – MacRumors Forums