Touch BarをUSB経由でiPadに映し出し利用することが出来るアプリ「TouchBarDemoApp」が公開。

スポンサーリンク

 Touch BarをUSB経由でiPadに映し出し利用することが出来る「TouchBarDemoApp」が公開されています。詳細は以下から。

touchbardemoapp-logo-icon

 TouchBarDemoAppはオランダのエンジニアRobbert KlarenbeekさんとAndreasVさんが公開したmacOS/iOS用アプリで、新しいMacBook Proに搭載されている「Touch Bar」をUSB経由でiPad上に映し出し、iPadのタッチスクリーンを利用して操作できるアプリです。

Touch Bar Demo App allows you to use your macOS Touch Bar from an iPad (through USB connection) or on-screen by pressing the Fn-key.

bikkelbroeders/TouchBarDemoApp

 使い方はmacOS Sierra 10.12.1 build 16B2657以上を搭載したMacにmacOS用アプリ「TouchBarServer」をインストールし、USB接続されたiPadにiOS用アプリ「TouchBarClient」をXcodeでビルド&インストールするだけで、

touchbarserver-app-on-mac

メニューバーに表示されるTouchBarServerアプリからiOSアプリへ接続し、iPad上にTouch BarのUIが表示され、Macを操作することが可能になります。

 アプリはMITライセンスでGitHubに公開されており、アイデアはTouchBarServerとほぼ同じですが、peertalkを利用してUSB経由で接続されている分、反応は良いので興味のある方は利用してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    ほう