Sierra対応のキーボードカスタマイズツール「⌘英かな」がアップデートし、キーリマップ機能を追加。

スポンサーリンク

 Sierra対応のキーボードカスタマイズツール「⌘英かな」がアップデートし、キーリマップ機能を追加しています。詳細は以下から。

cmd-kana-3-logo-icon

 「⌘英かな」は現在macOS SierraをフルサポートしていないKarabinerの代行アプリとして開発されたキーボードカスタマイズツールですが、今回リリースされたv2.1.0ではMacで利用しているキーボードのほぼ全てのキーをリマップ出来る「キーリマップ機能」が追加されています。

cmd-eikana-v2-1-0

2.1.0 (2016 10/14)
キーリマップ機能を追加

⌘英かな

 ⌘英かな v2.1.0のキーリマップ機能はメニューバーの[Preferences…] → [Shortcuts]タブから設定可能で、キーボードから実際に入力するキーを[Input]に、Macで認識させるキーを[Output]に設定することでリマップが行えるので、ユーザーの方は試してみてください。

cmd-eikana-keyremap-v2-1

コメント

  1. 匿名 より:

    もっと柔軟なカスタマイズやキーコンボを扱える
    Keyhac for Macというツールもあります。
    Windows版だとWindows側をmacの操作に出来るし
    個人的にはKeyhac押しです。