Apple、「Safari Technology Preview 14」をリリース。独自のHTML要素を作成できる「Custom Elements API」をサポート。

スポンサーリンク

 Appleが「Safari Technology Preview 14」をリリースしています。詳細は以下から。

safari-256-logo-icon

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間9月28日、次期Safariへ搭載が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版Safariブラウザ「Safari Technology Preview」の14度目のアップデートとなる「Safari Technology Preview v14」を公開しています。

Sep 28, 2016
Safari Technology Preview Release 14 is now available for download for both macOS Sierra and OS X El Capitan 10.11.6. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 205519–206196.

Release Notes for Safari Technology Preview Release 14 | WebKit

 Safari TP v14のシステム要件はmacOS 10.12 SierraおよびOS X 10.11.6 El Capitanで、同バージョンでは新たに”Custom Elements v1 API”が実験的にサポートされており、ユーザーは開発者メニューの[Custom Elements]項目を有効にすることにより独自のHTML要素を定義できるので、興味のある方は試してみてください。

safari-tp-v14-custome-elemets

Custom Elements

  • Enabled Custom Elements API (r205527)

 また、Safari TP v14ではJavaScriptやApple Pay, Web Inspector, Rendering, WebDriverの修正に加え、新しい絵文字候補のグリフも追加されているそうです。

コメント

  1. 匿名 より:

    メモリをごっそり持っていかれるバグが発生中。
    他のフォーラムでも報告がありアップデートはちょっと待ったほうが良いかも。