MacのTouch Bar上にSLを走らせることが出来るSLコマンド「SL on touch bar」が公開。

シェアする

スポンサーリンク

 MacのTouch Bar上にSLを走らせることが出来るSLコマンド「SL on touch bar」が公開されています。詳細は以下から。

terminal-256-logo-icon

 Appleが新しいMacBook Proに搭載するTouch BarはNyan Catを走らせたり、Emacsのサポートが始まっていたりと様々な使われ方をしていますが、新たにTouch BarをサポートしたSLコマンドをNeoCatさんが公開しています。

ソース(Swift)は以下。ビルド済みのバイナリも入ってます。
ttps://github.com/NeoCat/sl_on_touchbar
なおビルドとシミュレータの動作にはmacOS Sierra 10.12.2 beta (16C41b)以降、XCode 8.2 beta以降が必要です。

slが走っている間はウィンドウのフォーカスが奪われるので、実質何も操作できなくなります。端末しか占拠しない普通のSLコマンド以上にうざいです。

SLコマンド on touch bar – Okiraku Programming

 実際の動作は以下の通りで、GitHubにはソースコードとSLコマンド(バイナリ)の他にアプリ(sl_on_touchbar.app)も含まれており、クリックするだけでTouch Barシミュレータ上にSLを走らせることが出来るので、興味のある方は利用してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    かわいい

  2. 匿名 より:

    くだらん

  3. 匿名 より:

    ナイトライダーもそうだが「くだらない!」
    でも好き。

  4. 匿名 より:

    キーボードを駆使しない人はこの意義が分からない。

    学生の頃、WSに仕込まれていることを知らずに起動させてしまい、「うわっ」と
    叫んだ奴がいた。そりゃ驚くわ。

    遮断機とか空に飛んでくとか、未だに愛されているのが面白い。