OS X 10.11 El Capitanでは特定のキーワードを音声入力コマンドの前につけることで音声でMacの操作が可能に。

スポンサーリンク

 OS X 10.11 El Capitanでは特定のキーワードを音声入力コマンドの前につけることで音声でのMacの操作が可能になっています。詳細は以下から。


OS-X-10-11-El-Capitan-Hero


 El Capitanでは新しい日本語入力機能「ライブ変換」や「マウスポインタをシェイクして大きくする」といった入力機能の改善が図られていますが、アクセシビリティの「音声入力」機能にも「あるキーワードを発音することで一時的に音声入力コマンドを有効にする」機能が追加されています。


Start-dictation-with-a-spoken-command

使い方

 使い方はシステム環境設定アプリから[アクセシビリティ] > [音声入力] > [次のキーワードで音声入力を有効にする」のオプションをONにして「音声入力コマンド」を有効にするキーワードを入力します(デフォルトでは「コンピュータ」)。


音声入力コマンド一覧

 後はMacのマイクに向かって「コンピュータ 『コマンド』」と喋りかけるだけで、登録されているコマンドが実行できます。デフォルトでは簡単なテキストの「選択」「ナビゲーション」「編集」「フォーマット」の機能や音声入力コマンドの「システム」機能しか利用できませんが、




 「高度なコマンドを有効にする」オプションをONにするとアプリケーションの操作や自分で作成したAutomatorワークフロー、Spotlightでの検索といったSiriの様な操作もできるので、興味がある方は使ってみてください。


El-Capitan-Dictation-Commands

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    これ、完全にOS X版Hey Siri機能じゃないか!

  2. Apple7743 より:

    待ちに待ってた機能だわ。明日試してみよう

  3. Apple7743 より:

    スタバでMBを前にブツブツ言ってる意識高い系が脳裏に浮かんだ。

  4. Apple7743 より:

    MacにもSiri搭載すればいいのになんでやらんのか