Google、Google Chrome v45をリリース。ECMAScript 2015の複数の機能がサポートされ重要でないFlashコンテンツの自動再生をデフォルトで停止。

スポンサーリンク

 GoogleがGoogle Chrome v45をリリースしています。詳細は以下から。


Google-Chrome-for-Mac-Hero2


 Googleが現地時間9月1日付けでリリースしたGoogle Chrome 45(45.0.2454.85)では29件のセキュリティ上の不具合が修正された他、新たにECMA Script 2015の複数の機能がサポートされ、(Android版などで)ネイティブアプリバナーやホームスクリーンの改善が行われているそうで、


Google-Chrome-v45-release

 以前からの予告通り「重要なプラグイン コンテンツを検出して実行する」のオプジョンがデフォルトで有効になっています。また、新たにサポートされたECMA Script 2015の機能はGoogleのPete LePageさんがビデオクリップ内で詳しく説明しているのでそちらをどうぞ。




関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    最新でもニコニコとかは普通に前と変わらないんだけどなんでだ

  2. Apple7743 より:

    >> 1
    ”重要でないFlashコンテンツ”とはみなされていないから?

  3. Apple7743 より:

    広告で無駄に動くやつとかが対象なんじゃないか?

  4. Apple7743 より:

    v44より明らかに動作が軽い。
    今回のは当たりかも。

  5. Apple7743 より:

    ヤフーのトップ広告止められてて笑った