iPhoneやiPadをMacのリモコンに出来るiOSアプリ「Alfred Remote」がv1.1にアップデート。URLスキームでの起動やiOS 9に対応。

スポンサーリンク

Warning: tempnam(): open_basedir restriction in effect. File(/tmp) is not within the allowed path(s): (/home/applech2/applech2.com/) in /home/applech2/applech2.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 418

Warning: unlink(): open_basedir restriction in effect. File() is not within the allowed path(s): (/home/applech2/applech2.com/) in /home/applech2/applech2.com/public_html/wp-content/plugins/wp-appbox/inc/getappinfo.class.php on line 443

 iPhoneやiPadをMacのリモコンに出来るiOSアプリ「Alfred Remote」がv1.1にアップデートしています。詳細は以下から。

Alfred-Remote-v1-1-Update


 Alfredが新たに Alfred 2.7.2 および Alfred Remote 1.1をリリースしています。Alfred Remote 1.1では新たにシステムコマンドを実行する際に確認が必要となった他、Macとの遅延が解消、URLスキームでの起動、iOS 9への対応などが行われているそうです。

 Alfred RemoteとApple Scriptを利用すればiPhoneやiPadをPhotoshopのコントローラーとして使用することもできるので、興味がある方は関連リンクから公式サイトへどうぞ。

Alfred Remote 600円

関連リンク