BareFeats、MacBook Pro Retina 15インチモデルLate2013 ~ Mid2015のベンチマークスコアを公開。GPUは場合により高速でSSDはMacの中で最速。

シェアする

スポンサーリンク

 BareFeatsがMacBook Pro Retina 15-inchモデル Late2013 ~ Mid2015のベンチマークテストを行いスコアを公開しています。詳細は以下から。


MacBook-Pro-Retina-15-inch-Mid-2015-Cinebench-Hero


 Macのベンチマークデータを提供しているBarefeatsが先日発売されたMacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)を含むMacBook Pro Retina 15インチシリーズのベンチマークテストを行い、そのスコアを公開しています。


 今回 Barefeatsが比較に使用したMacBook Proシリーズは以下の通りで、15インチモデルは全てdGPUを搭載した上位モデル。

  1. M2015 rMBP 15″=MacBook Pro Retina 15″ Mid 2015
    スペック:CPU Intel Core i7-4980HQ 2.8GHz, Memory 16GB, PCIe SSD 1TB, GPU Intel Iris Pro 5200&AMD Radeon R9 M370X
  2. M2014 rMBP 15″=MacBook Pro Retina 15″ Mid 2014
    スペック:CPU Intel Core i7-4980HQ 2.8GHz, Memory 16GB, PCIe SSD 512GB, GPU Intel Iris Pro 5200 &NVIDIA GeForce GT 750M
  3. L2013 rMBP 15″=MacBook Pro Retina 15″ Mid 2013
    スペック:CPU Intel Core i7-4960HQ 2.6GHz, Memory 16GB, PCIe SSD 512GB, GPU Intel Iris Pro 5200&NVIDIA GeForce GT 750M
  4. E2015 rMBP 13″=MacBook Pro Retina 13″ Early 2015
    スペック:CPU Intel Core i7-5557U 3.1GHz, Memory 16GB, PCIe SSD 512GB, GPU Intel Iris Graphics 6100

ストレージ

 ストレージのベンチマークスコアではAJA System Test, QuickBenchを行っており「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)のPCIe SSDは今までテストしてきた単一の(RAIDでない)SSDの中で最も高速」となっているそうです。


rp2015_sr

The new 15-inch MacBook Pro’s PCIe-based Flash Storage is a screamer. It is faster than any single flash module we have tested to date. (NOTE: The 256G version has a slower large sequential write speed of 1198MB/s.)

[TWO BIG IMPROVEMENTS in the
2015 MacBook Pro Retina 15-inch
– BareFeats]

GPU

 GPUテストはLuxMark 3 OpenCL, Photoshop CC 2014を用いたIris Blur, Motionを用いたRAM Preview, Tomb Raiderのアプリ/ゲームでベンチマークテストを行っており、Motionのベンチマークスコアでは20.1fpsと12.6fpsのM2014 rMBP 15″と比較して約60%高速化しており、Tomb Raiderでは約20%、


BareFeats-Motion-RAM-Preview

 LuxMark 3 OpenCLでは約30%、Photoshop CC 2014を用いたIris Blurフィルタを掛けるベンチマークでは約2.5倍早く処理できているようです。(L2013 rMBP 15″との比較のみですがL2014と同じdGPUなのでL2014でも同程度だと思われます)


BareFeats-Photoshop-RAM-Preview

 Appleは「新しいAMD Radeon R9 M370Xグラフィックスを使うことにより最大80%速いパフォーマンスを提供」すると案内していますが、BareFeatsのコメントによるとこのパフォーマンスは条件によるようで「(未知のGPU)AMD Radeon R9 M370X は GeForce GT 750M と比較して62%高速化している場合もあれば、(まだ公表していない)他のテストではたった5%程度にとどまっている場合もある」そうです。

In the graphics intensive tests featured here, the new Radeon R9 M370X GPU was as much 62% faster than the GeForce GT 750M it replaces. Yet in some tests not yet published, we saw only a 5% gain.
[TWO BIG IMPROVEMENTS in the
2015 MacBook Pro Retina 15-inch
– BareFeats]

 BareFeatsではこの他にも複数のグラフを公開しているので、興味のある方は関連リンクからどうぞ。

関連リンク:
TWO BIG IMPROVEMENTS in the
2015 MacBook Pro Retina 15-inch
– BareFeats

コメント

  1. Apple7743 より:

    最大80%って、けっこうずるい言い方だからなあ。しかしそれを差し引いても、バッテリーライフを1時間あげながらこの結果は非常に優秀だと思うわ。

  2. Apple7743 より:

    無印とAirがあるんだから、バッテリーを3時間削ってGPUを強化してほしい……。