Oculus、より高品質な製品化に向けてVRヘッドセットOculus RiftのMac&Linux向け開発を一時的に停止しWindowsに集中。

スポンサーリンク

 Oculus VRがより高品質な製品化に向けてOculus Rift VRヘッドセットのMac&Linux向け開発を一時的に停止し、開発はWindowsプラットフォームで集中的に行うと発表しています。詳細は以下から。

riftblog

スポンサーリンク

OS XとLinux向けの開発は一時的に中断

 OculusのテクニカルディレクターAtman Binstockさんが公開した記事によると「我々はより高品質な消費者レベルのVRハードウェア, ソフトウェアをWindowsプラットフォームへ提供するために、一時的にOS XとLinux向けの開発を中断します。我々はOS XとLinux向けの開発に着手したいですが、そのためのスケジュールは今のところありません」と一時的にOculus Riftの開発をWindowsとOS X&Linuxで分けるようです(マージされるかなどは不明)。

Our development for OS X and Linux has been paused in order to focus on delivering a high quality consumer-level VR experience at launch across hardware, software, and content on Windows. We want to get back to development for OS X and Linux but we don’t have a timeline.

Virtual Reality Headset for 3D Gaming – Oculus Rift

原因はH/W?

 先に公開された”Oculus SDK 0.6.0”の推奨環境もOSはWindows 7 SP1以降となっており、

・GPU:NVIDIA GTX 970 / AMD 290 equivalent or greater

・CPU:Intel i5-4590 equivalent or greater

・HDMI:Compatible HDMI 1.3 video output

・USB:2x USB 3.0 ports

・OS:Windows 7 SP1 or newer

The Rift’s Recommended Spec, PC SDK 0.6 Released – Oculus Rift

 TechCrunchやMacworldでは「現在のMac(Mac mini, MB Air, Pro 13inch)はiGPUを使用し、MacBook Pro 15インチやiMac(5K Retina iMacでさえAMD Radeon R9 M290X)はdGPUを使用しているがモバイル向けで、デスクトップ向けGPUというRiftの要求を満たしていない」と、ほとんどのMacがモバイル向けGPUを採用しているのが今回の原因だと予想しており、Binstockさんも「現在のノートPCのGPUパフォーマンスは推奨スペックを満たしていないが、今後サポートされるでしょう」とコメントしています。

In his blog post, Binstock wrote, “almost no current laptops have the GPU performance for the recommended spec, though upcoming mobile GPUs may be able to support this level of performance.”

The Mac mini, MacBook Air and 13-inch MacBook Pro use Intel integrated graphics, which doesn’t have the oomph Rift requires. The 15-inch MacBook Pro and the standard iMacs use mobile graphic processors that don’t have the processing power of the desktop graphic cards in Rift’s specs. Even the Retina iMac uses a mobile GPU, the AMD Radeon R9 M290X.

No Oculus Rift for the Mac, but your Mac couldn’t handle it anyway – Macworld

 Oculus Riftの製品版は2016年の第一四半期(1月〜3月)に発売予定で、CES 2015では開発機「Crescent Bay」のデモなどが行われています。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    モバイルGPUなんて、たかが知れてるからね。こうなるでしょう。

  2. Apple7743 より:

    こうなるとゴミ箱MacProはやっぱり間違いだったのかも…

  3. Apple7743 より:

    Blender に引き続き Oculus も OS X を見放すのか……

  4. Apple7743 より:

    3Dゲームするならグラボ刺せるWindowsでしょ
    新型Mac Proはグラボ刺せなくなったし妥当な判断

  5. Apple7743 より:

    「一時」停止で済むのかな? 永遠に予定は未定になりそう。

  6. Apple7743 より:

    推奨環境がGTX970以上、って発表があったのでiMacやMacbookに内蔵されているintel HDシリーズの性能が970以上にならない限り、Mac版の再開は無さそう。