Apple、「OS X 10.10.3 Yosemite 追加アップデート」をリリース。ビデオアプリ実行時にMacが起動しなくなるドライバの不具合を修正。

スポンサーリンク

 Appleがビデオアプリ実行時にMacが起動しなくなるビデオドライバの不具合を修正した「OS X 10.10.3 Yosemite 追加アップデート」をリリースしてます。詳細は以下から。


OS-X-Yosemite-10-10-3-追加アップデート


 Appleが今日リリースした「OS X Yosemite 10.10.3 追加アップデート 10.10.3」ではビデオを取り込むアプリケーションの実行時にMacが起動しなくなるビデオドライバの問題が修正されているそうで、配布されたOSXUpd10.10.3Supp.pkgを見るとIOVideoFamily.kextやCoreMediaIO.frameworkなど複数のビデオ周りのドライバやフレームワークが修正されているようです。


OSXUpd10103Supp-pkg-UPdate

 このアップデートはMac App Storeから更新可能ですが、OS X 10.10.3にアップデートした一部のユーザーから報告されている「ファイルサイズの大きいjpegファイルをプレビューするとMacがカーネルパニックを起こす」という不具合については修正されていないようです。

NajamQ
Apr 16, 2015 11:48 AM

Ok. updating now. Hope it improves the problem.

Update : Not solved. Still crashed with a kernel panic.
[iMac 5K crashes when selecting large jpegs – Apple Support Communities]

関連リンク:
OS X Yosemite 10.10.3 Supplemental Update 1.0 – Apple