Apple、SafariでブロックするAdobe Flash Playerプラグインのバージョンを更新。v16.0.0.296とv13.0.0.264より前のバージョンをブロックへ。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleはSafariでブロックするAdobe Flash Player プラグインのバージョンを更新し、v 16.0.0.296(またはv13.0.0.264)以前のFlash Playerを使用している場合Safari側でブロックするそうです。詳細は以下から。


yosemite_safari_download_flash


 今月に入りAdobeは「Flash Playerに深刻な脆弱性が発見された」として定例アップデート以外にFlash Player v16.0.0.287v16.0.0.296の2回の緊急アップデートを行いましたが、Appleのセキュリティーメーリングリスト”APPLE-SA-2015-01-27-5″によると、Appleは先日リリースされたFlash Player v16.0.0.296(またはv13系の最新版v13.0.0.264)より前のバージョンのFlash Playerが使用されている場合、Safari側が自動的にブロックするように更新したそうです。

APPLE-SA-2015-01-27-5 OS X: Flash Player plug-in blocked

Due to security issues in older versions, Apple has updated the web plug-in blocking mechanism to disable all versions prior to Flash Player 16.0.0.296 and 13.0.0.264.

Information on blocked web plug-ins will be posted to:
http://support.apple.com/en-us/HT202681

This message is signed with Apple’s Product Security PGP key,
and details are available at:
https://www.apple.com/support/security/pgp/

[APPLE-SA-2015-01-27-5 OS X: Flash Player plug-in blocked– Apple Mailing Lists]

 Adobeの脆弱性識別番号APSB15-01, APSB15-02, APSB15-03によると、古いFlash Plyaerには優先度”1″または”2″の深刻な脆弱性が存在しているそうなので、まだアップデートされていない方はシステム環境設定、または関連リンクからアップデートを行ってください。


Adobe-Flash-Player-System-Preferences-v16-0-0296

関連リンク:
Adobe Flash Playerの配布b.hatena – Adobe

Apple、SafariでブロックするAdobe Flash Playerのバージョンを更新