使用しているMacのEFIファームウェアが適したバージョンかをチェック出来る「EFIgy」のWeb版が公開。

スポンサーリンク

 使用しているMacのEFIファームウェアが適したバージョンかをチェック出来る「EFIgy」のWeb版が公開されています。詳細は以下から。

macOS,iOSのデフォルトブラウザ「Safari」のアイコン。

 アメリカのセキュリティ企業Duo Securityは先月、73,000台以上のMacのmacOS/OS XおよびEFIファームウェアのバージョンの適合性を調査し、その結果を公表&適合していないMacを判定するスクリプト”EFIgy”も公開していましたが(Duo社はこの詳細を12月のBlack Hatで発表するそうです)、このEFIgyスクリプトのWeb版が新たに公開されています。

What is EFIgy?
EFIgy is a RESTful API and client that helps Apple Mac users determine if they are running the expected EFI firmware version given their Mac hardware and OS build version.

duo-labs/EFIgy: A small client application that uses the Duo Labs EFIgy API to inform you about the state of your Macs EFI firmware

 EFIgyのWeb版はmacOS/OS XのBuild Number, EFI(ブートROM)のバージョン, MacのモデルID(機種ID)を入力するだけで、そのMacにインストールされているEFIのバージョンがOSやMacと適合しているかをチェック出来、必要な情報はAppleメニューの[このMacについて]および[システム情報]アプリからチェックできるので、気になる方は利用してみて下さい。

EFIgyのWeb版

EFIgyのWeb版はmacOS 10.13には対応しておらず、macOS/OS XのBuild Numberは[このMacについて]のOSバージョンエリアをクリックすると表示されます。