印刷するだけでApple Watchの大きさを体感できる1/1スケールのApple Watchペーパークラフト。

シェアする

スポンサーリンク

 Apple Watchの1/1ペーパークラフトが公開されています。詳細は以下から。


Apple-Watch-1-for-1-PDF


 今まで3Dプリンター用データ第6世代 iPod nanoとの比較などがされていたApple Watchですが、これはAppleの公式サイトに掲載されているレンダリング画像を元にしており、この画像はAppleが過去に変更していることもあり、あまり正確なものではありませんでした 。


Apple changed Apple Watch Scale
[The screen becomes shorter – Twitter]

 今回公開されたペーパークラフトは”Xcode 6.2 beta, including iOS 8.2 SDK with WatchKit”のHIGに掲載されているレンダリング画像を元にしたそうで、ディスプレイサイズからApple Watchのケースやラグの大きさを導き出したそうです。


watch_screen_sizes_2x
[Apple Watch Human Interface Guidelines – Apple]

 今回公開されたペーパークラフトはフランス人デザイナーのThibaut Saillyさんで、Dropboxと本人のウェブサイトで公開されています。


 ちなみに、これをプリンターで印刷し、ダンボール等の厚紙をこのスクリーンサイズに切り抜けばApple Watchのペーパープロトタイプができるそうです。


おまけ

 ちなみに、このペーパークラフトの存在を知ったのはTwitterrificの開発者のCraigさんのブログで、Apple Watch(WatchKit)のアウトラインを詳しくまとめています。


関連リンク:
Apple Watch 1-1.pdf – Dropbox