最大5GBまでの添付ファイルを送信できるOS X Yosemiteの新機能「Mail Drop」の使い方と注意点。

シェアする

スポンサーリンク

 OS X YosemiteのMail Dropは最大5GBの添付ファイルを送れる機能です。詳細は以下から。


Mail-Drop-WWDC2014


 OS X YosemiteのMail.appには「Mail Drop」という「最大5GBまでの添付ファイルをクラウド上に30日間保存し、そのリンクを送信先に送れる」機能が新たに加わりましたが、このMail Dropの機能は使用条件を限定するようです。


Mail Dropなら、大きな添付ファイルも送れます。

 添付ファイルのサイズが大きすぎてEメールで送れない。そんなことはほとんどなくなるでしょう。iCloudにサインインしているとMail Dropが使えるので、ビデオ、プレゼンテーション、画像フォルダといった大きなファイルを、サービスプロバイダのサイズ制限を気にすることなく送信できます。サイズは最大5GBまで。
 添付ファイルをEメールのメッセージの中にドラッグするだけで、あとはMail Dropがやっておきます。受け取る人がOS X Yosemiteのメールアプリケーションを使っている場合は、ファイルをこれまでとまったく同じように受け取れます。受け取る人がほかのアプリケーションやウェブメールを使っている場合は、ダウンロード用のリンクがついたEメールが届きます。Mail Dropは無料で、Gmail、Yahoo、Microsoft Exchangeを含むあらゆるEメールサービスで利用できます。
[OS X Yosemite – さらに進化したアプリケーション – Apple]

Mail Dropの使い方

 Mail Dropの使い方は、iCloudアカウントを設定したMacのMail.appで環境設定から[アカウント] > [詳細] > [大きい添付ファイルを Mail Drop で送信]にチェックを入れ、


OS-X-Yosemite-Mail-Drop-Setting

 後は新規メールに5GB以下のファイルをドラッグして送信するだけでiCloud上にアップロードされます。


Mail-Drop-テスト

 送信先がiCloudメール以外のGmailやYahoo, Microsoft Exchangeメールでも受け取ることが出来、iCloudメール以外ではダウンロードリンクをクリックするとiCloud上からファイルのダウンロードが開始されます。


OS-X-Yosemite-Mail-Drop-hogehoge-Gmail2

注意点

 このMail Dropを使う上での注意点として、1つは削除方法が示されておらず、一度アップロードしたら30日経過するまで消すことが出来ないのでDopboxが提供するMailBoxの様にファイルのハンドリングが出来ない点。


OS-X-Yosemite-Mail-Drop-の有効期限

 2つ目はHacker NewsやDanさんのBlogで報告されている通り、Mail.appで「標準テキスト」を選択した場合やメーラーによっては添付ファイルのURLが展開され、


OS-X-Yosemite-Mail-標準テキスト

 Mail Dropリンク以外のメッセージが消されてしまうという不具合があるようで、メールのソースを表示してもMail Dropリンクしか見れないそうです。(この不具合はRadar 18756471として報告されているそうです。)


OS-X-Yosemite-Mail-Drop-issue


The message transmitted doesn’t even contain the text; it only contains the Mail Drop URL:

>送信したメッセージにはMail DropのURLだけが記載されており、テキストメッセージが記載されていなかった。

Even if you commit to never sending a plain-text message with Mail Drop attachments, and you deselect Mail’s preference “Use the same mesage format at the original message”, you are not out of the woods yet.  
If the receiver is using a mail client that prefers the plain-text portion of rich-text messages, then the problem happens there too.  That’s because the plain-text portion of the rich-text message lacks any text besides the Mail Drop link. Here’s an excerpt of a rich text message’s raw source — note the text/plain segment containing only the URL.

[Yosemite’s “Mail Drop,” with plain text emails, considered harmful. – Dan Blog]

 Mail Dropは受信者がOS X Yosemiteのメールアプリケーションを使っている場合は、ファイルをこれまでとまったく同じように添付ファイルを受け取れますが、受信者のメール環境がわかっていない場合にはDropboxや他のクラウドサービスを利用した方が良さそうです。




関連リンク:
Yosemite’s “Mail Drop”, with plain text emails, considered harmful – Hacker News

コメント

  1. Apple7743 より:

    AppleのMail.appを使わず、Thunderbirdを使っている人から見ると、
    今更感が半端ないサービスだな。
    とか言いつつ、俺はMail.appに乗り換える気満々だけど。

  2. Apple7743 より:

    この記事は役に立つ。あざーす