OS X YosemiteのSpotlight検索がAppleやMicrosoftにデータを送信するのを止めるScript「fix-macosx.py」。

シェアする

スポンサーリンク

 OS X YosemiteのSpotlightがAppleやMicrosoft(Bing)へデータを送信するのを止めるPythonScriptが公開されています。詳細は以下から。


fix-macosx-com-hero


 OS X YosemiteではSpotlightに機能が追加され、Mac内だけでなくインターネット検索(Bing)やApp Store、iTunes Storeを使用して関連が深いサイトやアプリをを上げるようになっています。


Spotlight-Yosemite

 しかしこれはSiriの様にApple(またはBing)にデータを送信しているためで、これをプライバシーの観点から問題視する方(@landonfuller)が”fix-macosx.comb.hatena“というサイトにてデータ送信を止めるScriptを公開しています。

If you’ve upgraded to Mac OS X Yosemite (10.10) and you’re using the default settings, each time you start typing in Spotlight (to open an application or search for a file on your computer), your local search terms and location are sent to Apple and third parties (including Microsoft).

>OS X Yosemiteにアップグレードして、デフォルト設定でSpotlightを使うと、あなたが行ったローカル検索のワード(term)と位置情報がAppleとMicrosoftに送信されます。

16cdcfbf

 使い方は”fix-macosx.com”の一番上にあるScriptをターミナルに入力して実行するだけです。実行すると”fix-macosx.py”をダウンロードして実行し、SpotlightのSuggestionsを止めてくれます。(Script終了後ログアウトして下さい)


fix-macosx-py

 実行してみると、以下の様に今までは「マイクロソフト」でSpotlightに表示されたWebサイトやWikipediaの情報が表示されずローカル検索だけになります。詳しくは下記リンクからfix-macosx.comかGitHubへどうぞ。


fix-macosx-before-after

追記:fix-macosx.pyをよく見てみたらシステム環境設定.appの[Spotlight] > [検索結果] の「Spotlightの検索候補」と「Bing Web 検索」をScriptでOFFにしているだけなので元に戻したい方はこのチェックを入れなおして(表面上チェックされているので)再起動すれば元の通りにSpotlightが動作します。


fix-macosx-system-preference

関連リンク:
Fix Mac OS X Yosemite

fix-macosx/fix-macosx – GitHub

Disable sharing of Spotlight searches with Apple – Hacker News


コメント

  1. Apple7743 より:

    Appleがこういうビックデータ活用したら過ごそう

  2. Apple7743 より:

    収集してるくせに活用できてない感

  3. Apple7743 より:

    おいおい、OSの必要不可欠な部分にロガーもどき仕込むのやめてくれよ…

  4. Apple7743 より:

    AppleやMSからすれば、Googleと同じで、ローカルとネットに垣根はもうないと言いたいんだろうけど、
    ネットに繋がってると知れば打ち込むワードは一考するし嫌だよね
    ただこの機能を省くと、為替とか各種単位変換まで巻き込んで制限されてしまう、いやらしいねw
    ちなみに同項目の「ブックマークと履歴」と、Safari-環境設定-検索-「Spotlightの検索候補を含める」も
    同様にオフにした方がいいかもとの情報もある、情報遮断したい人はこれも対処を