MacBook Air (Mid 2011)モデル用「EFI Firmware Update 2.9」インストール後にMacBook Airがクラッシュする不具合が報告され、Appleは配信を中止?

シェアする

スポンサーリンク

 先日リリースされた MacBook Air EFI Firmware Update 2.9更新後にMacBook Airが急にシャットダウン/クラッシュする不具合が報告されているようです。詳細は以下から。


 先日リリースされたMacBook Air (Mid 2011)向けの「MacBook Air EFI Firmware Update 2.9」ですが、このアップデートを実行した後にMacBook Airがクラッシュし起動しなくなるする不具合(”bricked” は日本語で”文鎮化”の意味)がApple Support Communitiesで多数報告されているそうです。


MacBook-Air-(Mid 2011)-EFI-Firmware-Update-29-Hero

このアップデートは一部のMacBook Air (Mid 2011)モデルの

・OS X 10.9.2 and later

・Update over these EFI versions only:

0077.00

0077.08

0077.0E

0077.0F

に適応されますが、このアップデート後にMacBook Airがクラッシュし起動しなくなるという報告がされています。

 「Shift + Control + Option を押しながら Powerボタン」のSMCリセットで起動したという報告もありますが、現在Firmwareの配布ページからpkgをダウンロードしようとするとNot Foundに飛ばされるので、Appleもこの問題を認識しており取り下げたと思われますが、Mac App Store経由だとまだ配信されているようなのでMid 2011ユーザーの方はもう少し待ったほうがいいかもしれません。


MacBook-Air-EFI-Firmware-Update29-MacAppStore

関連リンク:
MBA mid 2011 2.9 Firmware update just killed by Air – Apple Support Communities
EFI Firmware Update 2.9 still listed as an available update – MacRumors Forum


コメント

  1. Apple7743 より:

    さすがファームウェアアップデートの失敗には定評のあるAppleさん。
    10.9.4のUserバニッシュに続いてやってくれる。。。

  2. Apple7743 より:

    Macしか触ったことない人かな?
    どっちかというとMacってWindows製品と比べてファームの不具合少ない印象
    ハードとソフト供給どっちもやってる関係で古い製品の対応もしてて、改善頻度が多いだけ目立つけどさ
    MSからのアップデートだけじゃ足りないのに、不具合放置し続けてるような製品が多い中、やるだけでもマシだよ
    iPhoneとAndroidの構造と同じようなもの

  3. Apple7743 より:

    Windowsアップデートで描いてたグラフィック消えたのは昔の思い出ですわ
    でもまあ最近Appleアップデート周りが雑だよね