アプリのサポート状況データベースサイトRoaringAppsがOS X 10.10 YosemiteとiOS 8に対応。

シェアする

スポンサーリンク

 アプリの動作対応状況確認データベース RoaringAppsがOS X 10.10 YosemiteとiOS 8に対応したようです。詳細は以下から。


 まだDeveloper Preview段階のOS X 10.10 Yosemiteですが、(一部 kextの変更を許していない事もあり)YosemiteにアップデートしたMacで動作しないアプリが出ているようで、海外のThreadでも動作状況確認リストが上がっていますが、OS X のバージョン別にアプリの動作確認をチェックできるサイト「RoaringAppsb.hatena」がYosemiteとiOS 8に対応したそうです。


RoaringApps-Hero

 RoaringAppsはOS X、iOSバージョン別にアプリの動作状況を確認できるサイトで、データベースにアクセスするとまず「Real-Time RoaringAppsを有効にするか?」と聞かれるので「Real-Time」か「Basic Mode」のどちらかを選択。


RoaringApps-Choose-Mode

 まだ数は少ないですが、アプリの動作状況を確認できます。


RoaringApps-App-List

おまけ

 OS X 10.10 Yosemite DPをメイン機として使用する人はあまりいないでしょうが、iMovieやFinal Cut Pro Xなど一部起動しないアプリも

Hogehoge.app/Contents/MacOS/Hogehoge

のUnixバイナリから起動できる場合もあります。


Yosemite-DP1-iMovie

関連リンク:
List of Broken Apps in 10.10 – DP1 Build 14A238x (merged) – MacRumors