WWDCで公開されたセッションの動画や資料、サンプルコードを一括でダウンロードするためのスクリプトがWWDC 2018に対応。

スポンサーリンク

 WWDCで公開されたセッションの動画や資料、サンプルコードを一括でダウンロードするためのスクリプトがWWDC 2018に対応しています。詳細は以下から。

WWDC 2018アイコン

 Appleが現地時間2018年06月04日から08日にかけて、米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで開催していたWWDC 2018が終了し、Panic! UpdatingによるBashの様子がTwitterやiOSのWWDCアプリに公開されましたが、WWDC2018の全てのセッションが終了したことで、各セッションの動画や資料、サンプルコードをダウンロードできるスクリプトが例年通りアップデートされています。

一部セッションの資料がダウンロードできない(not yet available!)になりますが、macOS/iOSなどのPublic Betaが公開される06月末までには公開されるそうです。

 WWDCの資料をダウンロードできるスクリプトはいくつか公開されていますが、フランスの通信会社Orangeのエンジニア@ohoachuckさんが公開しているスクリプト”wwdc-downloader“が一括ダウンロードやSD/HD動画、PDF資料、サンプルコードの有り無しを設定できて便利なので、WWDCの資料が必要な方は利用してみてください。

WWDC 2018 Downloader

./wwdc2018.swift --sd --pdf --sample