iTunes Matchでマッチした曲のメタデータをiTunes Storeのメタデータに置き換えてくれるアプリ「matchTag」を使ってみた。

シェアする

スポンサーリンク

 iTunes Matchでマッチした曲のメタデータをiTunes Storeのメタデータに置き換えてくれるアプリ「matchTag」を使ってみました。詳細は以下から。

 先日「iTunes Matchでマッチした曲のメタデータをStoreのメタデータに置き換えてくれるRubyスクリプトb.hatena」を探していた時に見つけた有料アプリ「matchTag」が、日本のiTunes Storeのメタデータに対応しているか不明だったので販売元の独Nominariに「matchTag support Japanese iTunes Store metadata?」という主旨のメールをしてみたところ添付ファイルまで添えてJP Storeに対応している事、詳しい使い方などを教えていただいたので購入してみました。


Nominari-Support-mail

購入方法

 購入はNominariのサイトからPayPal経由で行い、4.99 EURなので730円ほどです。
「決済後24時間以内にアプリをメールでお送りします」というメッセージが表示されるのでしばらく待ちます(営業時間にもよるでしょうが6時間ぐらいで送られてきました)。


Nominari-PayPal

Your order is currently in process and we generate an individual version for you.
Within the next 24 hours you will receive an email with your version.

We hope that you enjoy matchTag
Sincerely your
Nominari Team

使い方

1.使い方は送られてきたzipファイルを解凍しアプリを起動、[Stores]ボタンからメタデータを取得したい国のiTunes Storeを選択。


matchTag-Stores-JP1

2.iTunes Storeメタデータは国ごとに違っているので、置き換えたいメタデータを持っている国のみにチェックをし、リストの順序を変え取得順を変えます。


matchTag-Stores-JP-US


*この例では日本とアメリカのiTunes Storeメタデータを取得し、日本のデータを優先的に使います。

3.iTunesでメタデータを変更したい曲を選択(曲はマッチされている必要があります)。


iTunes-Music-No-Metadata

4.次に置き換えたいNameやAlbumなどのメタデータ項目を選択し、既にメタデータが存在する項目(ID3タグから引き継いだものなど)もiTunes Store上のメタデータと置き換えたい場合は「□ Replace existing track information]にチェックを入れます。


matchTag-No-Replace-existing-track-infomation-check


*1200x1200pxのアートワークやクラシック曲の場合Composer(作曲者)のデータも取得できます

5.最後に[Start]ボタンを押すと次々にiTunes Storeのメタデータが書き込まれていきます。



6.また、一度置き換えてしまったメタデータでも、次にメタデータを置き換えるまでは[Protocol]メニューから一曲ずつですが元に戻せます。


matchTag-re-replace

ドイツではアメリカについで2012年1月にiTunes Matchが始まっており「日本でもiTunes Matchが始まったんですね、おめでとうございます。でも、メタデータを置き換える場合は国や曲バージョン(アルバムやシングルなどの違い?)で違うので注意してください」という内容のコメントも頂いたので置き換える場合はバックアップをとってからどうぞ。

matchTag 4.99 EUR

matchTag
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 4.99 EUR