Readdleのメールクライアント「Spark Mail for Mac/Windows」にカレンダー機能が追加。

Spark Mail - AI搭載メールアプリ Readdle
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

 Readdleのメールクライアント「Spark Mail for Mac/Windows」にカレンダー機能が追加されています。詳細は以下から。

Spark Mail v3 for Mac

 ウクライナのソフトウェア会社Readdle Inc.は現地時間2024年05月28日、MacとWindows、iOS、Androidに対応したメールクライアント「Spark」のデスクトップ版となる「Spark Mail for Mac/Windows」の最新バージョン3.16.1で、新たにカレンダー機能を追加したと発表しています

Spark Mail - AI搭載メールアプリ

Sparkをご愛用いただいている多くのユーザー様には、メールとカレンダーアプリケーション間のシームレスな連携の必要性をご認識いただいていることと思います。 そのご要望にお応えし、Sparkデスクトップに、かねてよりご希望の多かったカレンダーを再び搭載いたしました。

リリースノートより

 Spark Mailシリーズのカレンダー機能は旧Spark v2.xには実装されていたものの、メールの要約や返送メールの作成などAI機能が実装されたSpark Mail v3.0では省かれていたものの、今回のアップデートで復活した形で、

Spark Mail - AI搭載メールアプリ

メールから離れずにスケジュールを把握/作成することはもちろん、カレンダーのスケジュールはGoogle、Exchange、iCloudなどのアカウントを通じてクロスプラットフォーム間で同期することが可能で、チーム機能を利用されている方は会議の日程調整などコラボレーション機能も利用できます。

Spark Mail - AI搭載メールアプリ

 カレンダー機能はSpark Premiumサブスクリプションへ加入しなくても利用可能で、Microsoftも昨年03月からメールとカレンダー機能を搭載したOutlook for macOSをMicrosoft 365サブスクリプションなしに開放しているので、カレンダー機能付きのメールクライアントを探している方は試してみてください。

Spark Mail - AI搭載メールアプリ

リリースノート

Sparkに待望のカレンダー機能が登場!
もう、メールアプリを切り替えずに、スケジュール管理を効率化できます。
Sparkのカレンダーは以下のような機能を搭載:

  • 瞬時に把握:1週間の自分のスケジュールを確認したり、メールからすぐに参加予定者を確認したりすることができます。
  • 会議の日程調整:同僚のカレンダーを確認しながら、簡単にミーティングを作成できます。
  • ビデオ会議リンクの追加:作成した予定にGoogle MeetやZoomの会議リンクを追加できます。
  • シンプルなデザイン:シンプルで直感的なインターフェースにより、自分の予定プランニングに集中できます。

ぜひ使ってみて、感想をお聞かせください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました