オーバーレイモードを追加しフルスクリーンでもゲーム上にタイマーを表示できるようになったRTA/Speedrun用タイマーアプリ「Splitter for Mac v5.0」がリリース。

スポンサーリンク

 オーバーレイモードを追加しフルスクリーンでもゲーム上にタイマーを表示できるようになったRTA/Speedrun用タイマーアプリ「Splitter for Mac v5.0」がリリースされています。詳細は以下から。

Splitter for macOS

 Splitterはニューヨークの大学でコンピューターサイエンスを専攻しているMichael Berkさんがオープンソースで開発しているゲームのクリアや目標達成までの時間を競うRTA (Real Time Attack)/Speedrun用タイマーアプリで、Splits.ioで公開されているRTAデータのインポートにも対応していますが、このSplitterアプリが「Splitter v5.0」アップデートで新たにオーバーレイモードを追加しています。

Splitter for Mac Overlay Mode

It’s been quite a while since the last update, but Splitter 5.0 finally adds Overlay Mode, full column customization, and more!

Splitter – Speedrun Timer – Mac App Store

 Splitterは、旧バージョンでも画面の最前面に表示する[Keep window on top]機能を備えていましたが、OBS Studioなどでキャプチャしたゲームの画面をフルスクリーンにするとキャプチャー画面の裏にタイマーが表示されてしまうため、OBS StudioでSplitterの画面を取り込んで処理&配信する必要がありましたが、

OBS StudioとSplitter for Mac

OBS Studioに表示したSplitter for Mac

Splitter v5.0では、設定から[OverLay Mode]をONにするだけで、キャプチャー画面をフルスクリーンにしてもタイマーが最前面に表示されるため、より簡単にタイマーとキャプチャー画面を合わせて配信できるようになっているので、RTA走者の方はチェックしてみてください。

Splitter for Mac Overlay Mode