macOS/iOSアプリのコードベースを統合したオフラインWikipediaリーダー「Kiwix v3.0」がリリース。

スポンサーリンク

 macOS/iOSアプリのコードベースを統合したオフラインWikipediaリーダー「Kiwix v3.0」がリリースされています。詳細は以下から。

Kiwix for Mac

 KiwixはスイスのWikimedia CHが開発しているWikipediaリーダーで、Wikipediaの情報をZIMファイルにして予めダウンロードしておくことで、インターネットに接続できない場所でもWikipediaの記事を検索/閲覧することができますが、このKiwixのmacOS/iOSアプリの最新バージョンとなる「Kiwix v3.0」がリリースされています。

Kiwix v3.0 for Mac and iOS

Kiwix 3.0

  • Kiwix is expanding to Mac, supports macOS 12.0 and later
  • New library UI with opened, categories, download tasks and new zim files section

リリースノートより抜粋

 Kiwix v3.0ではSwiftUIを採用し、旧バージョンからUIを大きく修正したほか、新しいライブラリーUIはZIMファイルの管理、天文学やスポーツ、コミック、コンピューターなどカテゴリー別のZIMファイルの表示や新しいZIMファイルの表示に加え、ZIMファイルのダウンロードも可能になています。

Kiwix v3.0のライブラリーUI

 Kiwix v3.0のシステム要件はmacOS 12 MontereyおよびiOS/iPadOS 14以降となっていますが、これまで別々だったmacOSとiOSアプリのコードベースも統合されており、アプリはこれまで通り無料でApp Storeに公開されているので、オフラインでWikipediaの情報を参照したい方は試してみてください。

おまけ

 2022年05月時点で、Wikipediaの全記事のZIMファイルは95.2GBとなっているので、Kiwixの[Settings…] → [Library]から言語別のZIMファイルを表示&ダウンロードしたり、カテゴリー別や画像を含まないZIMファイルをダウンロードすることをお勧めします。

KiwixのSettings

Kiwix v3.0リリースノート

  • Kiwix is expanding to Mac, supports macOS 12.0 and later
  • New library UI with opened, categories, download tasks and new zim files section
  • Article preview also have a new look in bookmark and search results
  • Streamlined settings UI (iOS & iPadOS)
  • Add iOS 16 compatibility and remove iOS 13 support