Macのディスプレイ最前面にmacOSのバージョンやホスト名、CPU使用率、ローカルタイムを表示しておけるアプリ「TrueWidget」がリリース。

スポンサーリンク

 Macのディスプレイ最前面にmacOSのバージョンやホスト名、CPU使用率、ローカルタイムを表示しておけるアプリ「TrueWidget」がリリースされています。詳細は以下から。

TrueWidget

 TrueWidgetは、MacのキーボードカスタマイザーKarabiner-Elementsを開発しているTakayama Fumihikoさんが新たに公開したウィジェット・アプリで、Macのディスプレイ最前面にmacOSのバージョンやホスト名、CPU使用率、ローカルタイムを表示するウィジェットを置くことができます。

TrueWidget Hero

TrueWidget displays macOS version, CPU usage and local time on screen at all times.

TrueWidget – pqrs.org

 TrueWidgetを起動すると、デスクトップ上にウィジェットが表示され、メニューバーアイコン → [Settings]からウィジェットの位置をBottom Right/Left、Top Right/Leftへ変更することができる他、ウィジェットのサイズや不透明度、マルチディスプレイ環境ではどのディスプレイに表示するかの設定が可能です。

TrueWidgetの表示位置

 また、ウィジェットに表示するmacOSのバージョンとホスト名、CPU使用率、ローカルタイムはフォントサイズを変更したり非表示にすることが可能で、ウィジェットは操作の邪魔にならないよう、マウスホバーで非表示になり、デスクトップ上のファイルやフォルダを操作できるようになっています。

TrueWidget Hover

 TrueWidgetのシステム要件はmacOS 11 Big Sur以上で、公式サイトとGitHubリポジトリに無料で公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。