Adobe、macOS 13 VenturaでPhotoshopの保存ダイアログが機能しない、2モニター環境で最大化されたアプリが反応しなくなる問題があると発表。

スポンサーリンク

 AdobeがmacOS 13 VenturaではPhotoshopでダイアログが機能しない、2モニター環境で最大化されたアプリが反応しなくなる問題を確認したと発表しています。詳細は以下から。

Adobe Photoshop

 Adobeは現地時間2022年10月25日、Appleが同日にリリースした「macOS 13 Ventura」とAdobe製アプリの互換性情報を公開しましたが、29日付けで新たに2つの不具合がPhotoshopで確認されたと発表しています。

Adobe apps are compatible with macOS 13 Ventura

Important! Until these issues have been resolved, you may want to remain on your current macOS version or test in a non-production partition to ensure all your software and hardware is compatible.

Photoshop and Ventura | macOS 13 – Adobe

 AdobeはmacOS 13 Venturaリリース初日にOSのFinderダイアログと[新しいフォルダ]ダイアログがアプリケーションダイアログの下に隠れてしまう不具合があると発表していましたが、新たに、[保存]/[コピーと保存]ダイアログが機能しない、より大きな外部モニターに接続されたMacBookなど2モニター環境で外部モニターで最大化したアプリが動かなくなるといった不具合が確認されているそうで、

Adobe Photoshop issue after macOS 13 Ventura upgrade

Adobe PhotoshopのプロダクトマネージャーのJeffrey Tranberryさんは、ダイアログが機能しなくなった場合、[Esc]キーを押して機能しなくなったダイアログを閉じ、[ファイル] → [保存]を選択しファイル保存場所の横にある矢印[>]ボタンをクリックし、ダイアログを展開することで機能するようになるとコメントしています。

Photoshop dialog non functional

 また、より大きな外部モニターに接続されたアプリが動かなくなる不具合は、環境設定を復元するか、モニターを接続しPhotoshopのウィンドウを縮小して、より小さな画面に移動するしか今の所解決方法はないようで、AdobeはAppleと協力して、これらの問題を調査しているそうなので、今後のアップデートで修正されると思われます。