iOS 16では、AirPodsを別の充電ケースに入れたときに表示される「AirPodsの不一致」警告が改善。

スポンサーリンク

 iOS 16では、AirPodsを別の充電ケースに入れたときに表示される「AirPodsの不一致」警告が改善されています。詳細は以下から。

AirPods Pro (第2世代)

 Appleは現地時間2022年09月12日にリリースしたiOS 16に、非純正品で検証できない(偽物)のAirPodsをチェックする機能を実装していますが、

非純正品のAirPods Proをペアリングする

このiOS 16では、複数のAirPods/AirPods Proユーザーがいる場所で、AirPodsイヤホンとペアでない別の充電ケースにAirPodsイヤホンを入れた際に表示されるAirPodsの不一致」警告がより分かりやすくなっています。

AirPodsの不一致警告

 iOS 16では、AirPodsの不一致警告にAirPods (第1~第3世代)やAirPods Pro (第1と第2世代)といった世代の警告表示はもちろん、AirPodsシリーズやAirPods Proシリーズが反映されるようになった他、Apple IDで紐付けされ「探す」機能が有効になっている場合に「あなたのものではありません」という警告を表示してくれるようになっています。

iOS 16のAirPodsの不一致警告のバリエーション

iOS 16のAirPodsの不一致警告のバリエーション

 また、iOS 16では、TrueDepthカメラ搭載のiPhoneとAirPods ProシリーズやAirPods (第3世代)、AirPods Maxなどで、TrueDepthカメラでユーザーの耳の形状をスキャンして空間オーディオのパーソナルプロファイルを作成することが出来るようになっているので、対象のiPhoneとAirPodsをお持ちの方は試してみてください。

How to make Personalized Spatial Audio on iOS 16

  • iOS 16/iPadOS 16の新機能まとめ (準備中)