macOS 13 Venturaのインストーラーのダウンロードをサポートした「mist-cli v1.9」とキャッシュディレクトリの設定に対応した「MIST v0.3」がリリース。

スポンサーリンク

 macOS 13 Venturaのインストーラーのダウンローをドサポートした「mist-cli v1.9」とキャッシュディレクトリの設定に対応した「MIST v0.3」がリリースされています。詳細は以下から。

MIST - macOS Installer Super Tool

 Mist(MacOS Installer Super Tool)シリーズはDropboxのエンジニアをされているNindi Gillさんが開発&公開している、macOSのダウンロードツールで、Macに現在公開されているmacOSより古いmacOSのインストールアプリやファームウェアをワンクリックでダウンロードすることができますが、このMistの最新バージョンとなる「mist-cli v1.9」とGUI版の「Mist v0.3」がリリースされています。

MIST - macOS Installer Super Tool v0.3

 まず、アプリであるMist v0.3では、macOSインストーラーアプリのダウンロードキャッシュのディレクトリを[Preference…]から設定できるようになった他、

Mist v0.3 update

ターミナルからmacOSのインストールアプリやファームウェアをダウンロード&管理できるmist-cliは、現在Beta版のmacOS 13 Venturaのインストーラーのダウンローに対応しているので、最新/古いインストーラーアプリやファームウェアが必要な方はチェックしてみてください。

mist-cli support macOS 13 Ventura

mist list installer --include-betas

Mist v0.3

  • The macOS Installer cache directory can now be customised in the app preferences
  • Calculating ISO image sizes is slightly more dynamic (to better support macOS Ventura ISOs)
  • macOS Installer SHA-1 checksums are now only validated when they are present
  • Minor cosmetic tweaks

mist-cli v1.9

  • Added support for macOS Ventura 13
  • macOS Installer files are retried when invalid cache files are detected on-disk
  • Calculating ISO image sizes is slightly more dynamic (to better support macOS Ventura ISOs)
  • macOS Firmware / Installer lists are now sorted by version, then by date
  • Firmwares with invalid SHA-1 checksums are now ignored and unavailable for download
  • SHA-1 checksum validation logic is now implemented in Swift (no longer shells out to shasum)
  • stdout stream buffering is disabled to improve output frequency thanks Nate Felton (n8felton)!
  • Checking for mist updates now points to the recently renamed mist-cli repository URL
  • Looking up the version of mist-cli is now performed using the built-in mist –version command
  • General code refactoring