iOS 16では英語キーボードに「Dvorak配列」が追加。

スポンサーリンク

 iOS 16では英語キーボードに「Dvorak配列」が追加されています。詳細は以下から。

Quick Typeのアイコン

 Appleは現地時間2022年09月12日、iPhone 8シリーズやiPhone X、iPhone SE (第2世代)以降のiPhoneに対応し、ロック画面のパーソナライズや集中モード、日本語のテキスト認識表示をサポートしたiOS 16を正式にリリースしましたが、このiOS 16では英語キーボードに「Dvorak配列」が追加されています。

Dvorkキーボード配列

 Dvorak(ドヴォラック)配列のキーボードは、QWERT配列と比較して英語入力で指の動きが少なく済むためミスを減らしタイピング速度を上げられるとして1930年代に米ワシントン大学のドボラック(August Dvorak)博士によって提案されたキーボード配列で、現在でも一部のユーザーにより利用されていますが、iOS 16では新たに、Dvorak配列キーボードがソフトウェア・キーボードとして選択できるようになっています。

Dvorak配列キーボード

 DvorakキーボードはMacでもMac OS X 10.5 Leopard以降でネイティブサポートされているので、Dvorak配列ファンの方は設定アプリの[一般] → [キーボード]の英語キーボードでDvorak配列を選択してみてください。

Dvorak keyboard layouts

標準的なQWERTYキーボードが使いづらい場合は、手と指をあまり動かさなくても済むようにDvorakキーボードレイアウトに切り替えます。

MacでDvorakキーボードレイアウトを使用する

  • iOS 16の新機能まとめ (準備中)