iOS 16では、サイバー攻撃の標的となる一部のユーザーのためにアプリやWeb技術、USBアクセサリ、構成プロファイルを制限する「ロックダウンモード」が利用可能に。

スポンサーリンク

 iOS 16では、サイバー攻撃の標的となる一部のユーザーのためにアプリやWeb技術、USBアクセサリ、構成プロファイルを制限する「ロックダウンモード」が利用可能になっています。詳細は以下から。

iOS 16

 Appleは現地時間2022年09月12日、iPhone 8以降のiPhoneに対応し、ロック画面のパーソナライズや集中モード、日本語のテキスト認識表示をサポートしたiOS 16を正式にリリースしましたが、このiOS 16にはサイバー攻撃の標的となる一部のユーザーのためにアプリやWeb技術、USBアクセサリ、構成プロファイルを制限するロックダウンモード (Lockdown Mode)が実装されています。

iOS 16で導入されたロックダウンモード

ロックダウンモードは、その立場や活動内容から、きわめて精巧なデジタル脅威の標的になる可能性を拭えないごく一部の個人を対象に考案された、任意で使える究極のセキュリティ対策です。ほとんどの人は、この類の攻撃の標的になる心配はありません。ロックダウンモードになると、デバイスが通常通りには機能しなくなります。

ロックダウンモード – Apple Support

 ロックダウンモードは、特別な立場や地位により、国家支援型スパイウェアを開発している金銭目当ての民間企業などから狙われる可能性のあるユーザーのために開発された機能で、この機能を有効にするとiPhoneのメールやFaceTimeなどのアプリ、WebブラウザのJST JavaScriptやWebフォント、画像の読み込み、写真の共有アルバム、接続されたUSBアクセサリ、構成プロファイルが機能を制限されます。

 Appleのセキュリティエンジニアリング&アーキテクチャチームの主任を務めるIvan Krstićさは、この機能は大多数のユーザーには必要ないが、Appleは少数のユーザーを保護するために努めているとコメントしており、iOS 16へアップグレードしたiPhoneでは、以下のステップでロックダウンモードを有効にできます。

スポンサーリンク

ロックダウンモードを有効にする

 ロックダウンモードを有効にするには、iOS 16へアップグレードしたiPhoneの設定アプリで[セキュリティとプライバシー]の一番下に追加された → [ロックダウンモード]に移動し、

iOS 16のiPhoneでロックダウンモードを有効にする

「ロックダウンモードをオンにする」をタップし、表示されるロックダウンモードの説明を読み一番下の「ロックダウンモードをオンにする」をタップ、iPhoneのパスワードを入力してiPhoneを再起動します。

iOS 16のiPhoneでロックダウンモードを有効にする

 iPhoneが再起動すると、デバイスは常にロックダウンモードにあり、USBアクセサリやMac/PCへの接続にはデバイスのロック解除が必要になり、FaceTimeでは電話をかけたことがない人からの着信が拒否され、アプリやメール、Web技術の一部は利用できなくなります。

iOS 16のiPhoneでロックダウンモードを有効にする

 また、ロックダウンモード中は構成プロファイルをインストールできず、デバイスをモバイルデバイス管理に登録したり、監視下に置くこともできないため、攻撃者による悪意のあるプロファイルもブロックされるので、興味のある方はチェックしてみてください。

ロックダウンモードのOFFは、同じく設定アプリの[セキュリティとプライバシー]から行えます。
  • iOS 16の新機能まとめ (準備中)