iOS 16では編集メニューが刷新されスクロールや選択部分を検索することが可能に。

スポンサーリンク

 iOS 16では編集メニューが刷新されスクロールや選択部分を検索することが可能になっています。詳細は以下から。

Quick Typeのアイコン

 Appleは現地時間2022年09月12日、iPhone 8シリーズやiPhone X、iPhone SE (第2世代)以降のiPhoneに対応し、ロック画面のパーソナライズや集中モード、日本語のテキスト認識表示をサポートしたiOS 16を正式にリリースしましたが、このiOS 16では編集メニューUIが刷新されています。

iOS 16とiOS 15の編集メニュー

 iOS 16の編集メニューがmacOSのコンテキストメニューの様な明るいカラーに変更されている他、編集メニュー(編集オプション)の項目を滑らかにスクロールすることが可能になっています。(iOS 15はページ単位でのスクロールが可能)

iOS 16とiOS 15の編集メニュー

 また、iOS 16の編集メニューはURLを認識して「リンクを開く」メニューを表示してくれるようになったほか、選択した単語をアプリ内で検索する「選択部分を検索」メニューが追加されており、

iOS 16の選択部分を検索する

iPadOS 16では編集メニューの他にサードパーティ製アプリでもツールバーや複数選択、プルダウンメニューが利用可能になるため、Mac Catalystアプリをネイティブアプリに近づけることができるそうなので、気になる方はWWDC22の「Build a desktop-class iPad app」や「Adopt desktop-class editing interactions」をチェックしてみてください。

iPadOS15と16のUI

  • iOS 16の新機能まとめ (準備中)