Nikon、macOS 12 Montereyに対応した「NX Tether v1.0.1」などを公開。

スポンサーリンク

 NikonがmacOS 12 Montereyに対応した「NX Tether v1.0.1」などを公開しています。詳細は以下から。

NX-Tether icon

 株式会社ニコン&ニコンイメージングジャパンは現地時間2022年04月20日、スタジオ撮影などでテザー撮影をサポートするユーティリティアプリ「NX Tether v1.0.1」をリリースし、macOS 12 Montereyを正式にサポートしたと発表しています。

NX Tether for macOS 12 Monterey

macOS Monterey バージョン 12 に対応しました。

リリースノートより

 NX Tether v1.0.1ではmacOS 12 Montereyのサポートに加え、macOS 10.14 Mojaveがサポート対象外となった他、ニコン製のデジタルカメラで撮影した写真や動画を閲覧・編集アプリ「NS Studio」もバージョン1.2.0へアップデートされ、いくつかの改善や不具合修正が行われています。

NX Studio and NX Tether on macOS 12 Monterey

 また、NikonはNikon製アプリのWindows 11対応情報のアップデートも行っているので、Nikonユーザーの方はチェックしてみてください。

NX Tether v1.0.1

  • Z 9 ファームウェアバージョン 2.00 に対応しました。
  • macOS Monterey バージョン 12 に対応しました。
  • macOS Mojave バージョン 10.14 がサポート OS 対象外となりました。

NX Studio v1.2.0

  • Z 9 ファームウェアバージョン 2.00 に対応しました。
  • NIKKOR Z 800mm f/6.3 VR S に対応しました。
  • NEV 動画に対応しました。
    ※ NEV動画のサムネイル、プレビュー表示や動画の再生はできません。
  • ProRes RAW 動画に対応しました。
    ※ ProRes RAW動画のサムネイル、プレビュー表示や動画の再生はできません。(Windowsのみ)
  • 中国簡体字のアプリケーション名に対応しました。
  • 下部バーにカラーマッチングのプロファイル情報表示を追加しました。
  • [調整]タブ > [構図の補正] > トリミングパレット内に[現在の画像サイズ]を追加しました。
  • [書き出す]ダイアログに[解像度](dpi)の設定項目を追加しました。
  • [書き出す]ダイアログの[画像サイズを変更する]で[インチ][センチ]の単位を選択できるようにしました。
  • [書き出す]ダイアログの[画像サイズを変更する]で元の画像サイズより大きなサイズを指定できるようにしました。
  • [他のアプリケーションを使用してファイルを開く]で画像ファイルを他のアプリケーションに渡す時に、変換形式(TIFF 16bit / TIFF 8bit / JPEG / 元画像ファイルのまま開く)を選択できるようにしました。
  • インストーラーの修復機能で[ユーザー設定を残す]を ON で実行した時は、キャッシュファイルの削除のみを行うように変更しました。
  • 地図機能と YouTube アップロード機能を削除しました。
  • 以下の不具合を修正しました。
    • トリミングした画像に[調整を登録]で登録したピクチャーコントロールを適用すると、トリミングがリセットされる
    • トリミング枠の縦横比を元の画像の縦横比に設定し、トリミングした画像に傾き補正をかけ再度トリミングすると、トリミング枠の縦横比がフリートリミングになる
    • ViewNX-i でトリミングした画像を NX Studio で再トリミングしようとするとアプリが強制終了する
  • macOS Mojave バージョン 10.14 がサポート OS 対象外となりました。