Anker、AnkerWorkデバイス用ユーティリティ「AnkerWork v2.0」をリリース。

スポンサーリンク

 AnkerがAnkerWorkデバイス用ユーティリティ「AnkerWork v2.0」をリリースしています。詳細は以下から。

AnkerWork v2.0

 米Ankerは2021年04月から、リモートワークなど場所を選ばず働くためのWebカメラやスピーカーフォン、ヘッドセットなどをAnkerWork(PowerConf)製品として発売していますが、現地時間2022年04月04日、そのAnkerWork製品の設定やファームウェアアップデートを行うユーティリティアプリAnkerWorkのメジャーアップデート版となる「AnkerWork v2.0」を新たにリリースしています。

AnkerWork v2.0アップデート

 AnkerWork v2.0は引き続きIntelバイナリのみで、Apple Siliconには対応していませんが、ANCをサポートしたAnker初のワイヤレスヘッドセットAnker PowerConf H700とH500のスマートコントロール機能が最適化され、アイコンの刷新、未発表のWebカメラPowerConf C202のサポート、不具合修正とユーザーエクスペリエンスの最適化が行われているそうなので、PowerConfユーザーの方はアップデートしてみてください。

AnkerWork v2.0

公式サイトのダウンロードリンクは現在もAnkerWork v1.5.7となっています。

AnkerWork Version 2.0.0

  1. Optimized Smart Control function for PowerConf H500, H700
  2. Added support for PowerConf C202
  3. Fixed some bugs
  4. Optimized User Experience