フォローや引用、指定ユーザーのツイートのバックグラウンド通知をサポートしたTwitterクライアント「Tweetbot v7.1 for iOS」がリリース。

スポンサーリンク

 フォローや引用、指定ユーザーのツイートのバックグラウンド通知をサポートしたTwitterクライアント「Tweetbot v7.1 for iOS」がリリースされています。詳細は以下から。

Tweetbot 6 for Twitter

 TwitterクライアントTweetbotシリーズを開発&販売しているTapbotsは現地時間2022年02月28日、iPhone/iPad対応のTwitterクライアント「Tweetbot 7.1 for iOS」を新たにリリースしています。

Tweetbot 7.1 for iOS

Added Background Refresh push option to enable new notification types

リリースノートより抜粋

 先日リリースされたTweetbot v7.0 for iOSでは、Twitterのいいね!やリプライ、リツイート数などツイートの統計値(影響力)をグラフ化して表示してくれる「スタッツ(Stats)」タブが復活していましたが、Tweetbot v7.1では新たに、アカウントの[通知] → [Background Notifications]をONにすることで、ツイートの引用や新しいフォローをバックグランドで通知してくれる機能が追加されており、

Tweetbot 7.1 for iOSの通知

加えて、通知機能を有効にすると特定のフォロワーのツイートを通知してくれるユーザー通知機能がフォロワーのアバーターの設定(⚙)アイコン → [Enable notifications]から設定できるようになります。

Tweetbot 7.1 for iOS

通知はiOS/iPadOSの設定アプリでTweetbotの通知を許可している場合にのみ利用可能で、約10分ごとにバックグランド通知のチェックを行うそうで、全てのツイートがプッシュ通知されるわけではないようです。

 また、Tapbotsは、今回のアップデートで未読数カウンターやリツイートなどアプリケーション内のアイコンの刷新も行っています。

Tweetbot 7.1 for iOS

  • Added Background Refresh push option to enable new notification types:
    • New Follower notifications
    • Quote Tweet notifications
    • Enable notifications when specific users Tweet
  • Refreshed unread counter
  • Refreshed icons